2018年01月26日13時55分

レストランの空席状況表示システム、髙島屋などで本格導入開始

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
va

 バカンは1月25日、空席状況表示システム「VACAN」を正式に製品化したと発表。

 VACANは、画像解析技術を活用し、カメラで店舗の客席/待ち列の混雑状況を把握できるというもの。空席や待ち時間は、AIを活用することで最適表示が可能だという。人手は不要で、すべてをオートメーションで処理する。

va

 同社は2017年8月9日から10月2日の間、横浜駅西口の相鉄ジョイナスと髙島屋横浜店において、各施設内に点在するレストランやカフェの空き状況が一目でわかるデジタルサイネージを設置。店舗への送客状況や満足度を計測する実証実験を実施していた。

 今回、ジョイナスおよび髙島屋横浜店にて、2月1日から本格導入することが決定した。

■関連サイト

ASCIIが贈るIoT/ハードウェアのビジネスマッチングイベント開催!
3/22『IoT&H/W BIZ DAY 5 by ASCII STARTUP』

 2018年3月22日(木)に東京・赤坂インターシティコンファレンスにて、IoT/ハードウェアの最先端スタートアップ・キーマンが集う体験展示+カンファレンス+ネットワーキングイベントを開催します。ブース出展企業の募集を開始しました。(1/31締め切り)

IoT&H/W BIZ DAY 5

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking