2018年01月25日13時00分

38万4000kmは遠かった―― 月面開発大会は「勝者なし」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
xprize

 民間企業による宇宙開発として注目されていた月面レース「Google Lunar XPRIZE」が「勝者なし」として幕を閉じる見込みだ。主催者団体X PRIZE FoundationのPeter H. Diamandis CEOは1月23日、大会の決定をホームページ上で発表した。

 Google Lunar XPRIZEは2018年3月31日までに月面へ小型探査機を送り込み、「Mooncast(ムーンキャスト)」として画像・映像を送信する、という内容の民間宇宙開発競争大会。米グーグルがタイトルスポンサーとなって総額3000万ドルの賞金が用意されていた。

 全世界から18のチームが参加し、2016年末までに5チームがファイナリストとして審査委員会から承認。日本からは「Team HAKUTO」がファイナリストに選出された。Team HAKUTOはKDDIとオフィシャルパートナー契約を締結したほか、2017年12月には大会最高額となる総額9000万ドル以上の資金調達に成功している。

 また、大会では大賞のほかに「ランディング」「モビリティー」「イメージング」の各カテゴリを「マイルストーン賞」として設定。モビリティー賞に認定されたTeam HAKUTOをはじめ、ファイナリストの5チームすべてがいずれかの賞を獲得し、総額600万ドル以上が授与されたという。発表によると、1つのチームは民間宇宙船で月を探求する初めての「ミッション承認」を、米国政府から受けていた。

「過去数ヶ月間にファイナリスト5チームと緊密な協議を重ねた結果、大会期限として設定した2018年3月31日までに月へ到達する見込みはどのチームにもないという結論に至りました。資金的、技術的、そして法的な課題のため、残念ながら賞金総額3000万ドルは支払われません。主催者としても勝者の出現を期待していましたが、文字通りの『ムーンショット』は難しかったようです」(Diamandis氏)

 XPRIZEは新しいタイトルスポンサーを見つけるか、賞金を取り下げた非営利競争としてLunar XPRIZEプロジェクトを継続し、チームをフォロー・プロモートするとしている。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking