2018年01月22日07時00分

レーザーによる内部探傷システムを開発・実用化する『レイソルテクノロジーズ』

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ベンチャー、スタートアップのサービス、事業の魅力を3分間の動画でお届けするASCII STARTUP ライトニングトーク、今回は、レーザーによる内部探傷システムを開発・実用化する『レイソルテクノロジーズ』だ。

 プレゼンしてくれたのは、レイソルテクノロジーズの上山竜生代表取締役。同社の事業説明は動画をご覧ください。


 動画で説明していた『レイソルテクノロジーズ』は、大阪大学との共同研究で、レーザーによる内部探傷システムの開発および実用化を目指している。レーザー探傷技術とは、コンクリート構造物の内部に潜んだ浮きや剥離などの欠陥を探し出す非破壊検査のこと。ハンマーで叩いて打音を聞くような従来の打音検査の精度や効率性を向上させるため、耳からレーザーへの置き換えを狙う。

“ASCII STARTUP ライトニングトーク”は、3分程度の制限時間内でのベンチャー・スタートアップ企業の代表による自社サービスのプレゼンテーション動画です。撮影はASCII STARTUPのFacebookページで、募集しております。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking