2018年01月19日14時55分

Momoなど神戸市拠点の4企業、災害時のIoT活用アライアンス発表

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
mo

 Momoは1月17日、三木美研舎、うむ、KURASERUとともに、IoTプラットフォーム「Palette IoT」とメッシュネットワークおよび人的資産などを、災害時の安否確認と食料・飲料水供給に利用する実証実験と計画を発表した。

 災害時にも切れない、混雑しないネットワークインフラの提供や、独居老人・高齢者の安否と位置情報を非常時のみネットワークおよびシステムへ提供する。また水、食料をPalette IoT登録農家から募集するほか、避難所への運搬に災害支援登録済みの車両と人員を用意する。

 試験とシステムの運用は、3月から7月の間に実施する。

■関連サイト

ASCIIが贈るIoT/ハードウェアのビジネスマッチングイベント開催!
3/22『IoT&H/W BIZ DAY 5 by ASCII STARTUP』

 2018年3月22日(木)に東京・赤坂インターシティコンファレンスにて、IoT/ハードウェアの最先端スタートアップ・キーマンが集う体験展示+カンファレンス+ネットワーキングイベントを開催します。ブース出展企業の募集を開始しました。(1/31締め切り)

IoT&H/W BIZ DAY 5

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking