2018年01月12日17時00分

パナソニック、成田空港で自律走行サイネージロボット実証実験

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
パナソニック、デジタルサイネージロボ
「Signage HOSPI(サイネージ ホスピ)」

パナソニックは1月12日、成田空港にて自律走行サイネージロボット「Signage HOSPI(サイネージ ホスピ)」の実証実験を行なうと発表した。1月15日より開始する。

 Signage HOSPIは、自律搬送ロボットHOSPIの胴体部分3面に26型ディスプレーを搭載、決められたエリア内を自律走行する。人や物などを検知して自律的に減速・停止・回避等の判断を行なう機能と、本体デザインの注目度の高さを活かして、機内持ち込み制限品情報の周知や広告媒体としての活用の可能性を検証する。

パナソニック、デジタルサイネージロボ
走行ルート

 ロボットと固定型デジタルサイネージのそれぞれに対する通行人の視線量を定量的に評価、注目度合いの比較を行なうことで、サイネージロボットの価値評価手法の確立を目指すとしている。実証実験は1月15日~2月26日(土・日、休日を除く)、1日2回ほどの巡回を行なう。場所は成田国際空港第2ターミナル3階出発ロビー。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking