2018年01月08日10時00分

最上位モデルの機能を採用しつつ使いやすさを重視! HTCのAndroid One「X2」を斬る!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 スマホ総研のドロイドさん、スピーディー末岡、ミナミダの3人が2017年後半に発売されたスマートフォンを5段階評価でクロスレビュー! 第四弾はHTCの「Android One X2」をチョイス!

HTC
Y!mobile「Android One X2」(HTC製)

 Y!mobileが冬春モデルとして発表した「Android One X2」(HTC製)。Android Oneとは、標準のAndroidにGoogle製アプリがプリインストールされているだけというシンプルな構成のスマホ。Google協力のもと、OSやセキュリティーが早期にアップデートされる。

 このAndroid One X2は、ディスプレーが5.2型フルHD、SoCにSnapdragon 630(2.2GHz+1.8GHz、オクタコア)、メモリー4GB、内蔵ストレージ64GB、リア・フロントともにカメラは1600万画素、OSはAndroid 8.0で防水・防塵やおサイフケータイに対応と、ハイエンド顔負けのスペックだ。

 はたしてスマホ総研メンバーの下したジャッジは!?

HTC

HTCらしさを残したいい製品 でもY!mobileの売り方が……
アスキースマホ総研リーダー ドロイドさん

評価:★★★★

 Android Oneのブランドはついているが、これはまごうことなきHTC製端末! 上位モデルのHTC U11ほどの美しさではないが、クリアパネルの背面のデザインはグッドだし、端末を握って操作する「エッジセンス」も予想以上に実用的。スペック的にも十分なモノで端末自体はすごくいい!

HTC

 ただ、Android Oneというプラットフォーム自体への評価は微妙、というか人によって分かれると思う。素に近いAndroidでシンプルでいいという言い方もできるけれども、この端末にこの標準カメラアプリはシンプルすぎだし、デフォルトの壁紙やアイコンはあまりに地味で華がない。個人的にはあまりカスタマイズせずに使いたいタイプなので。

 もう1つ、Y!mobileは本機を含めて、もう少し端末価格をわかりやすくしてほしい。月々の割引や契約の縛りは複雑だし、店頭では別の割引もあったりして、いつどう買えばいいのか微妙にわかりにくいし、記事にしにくい。Y!mobileが自らを“格安スマホ”と表現するなら、売り方もキャリアがやってきたものではない、シンプルでクリアなものを導入してほしい。

価格がお高い? 指紋ベッタリも気になる
主席研究員 スピーディー末岡

評価:★★★

 以前、Android Oneは安い端末だけではないとどこかのメーカーが言っていたが、このHTC「X2」は高価なAndroid Oneスマホ。Y!mobileで一括約6万8000円となかなか強気の価格だが、スペックはSoC以外はミドルハイクラスなので納得……といいたいところだが、他社の同スペックのスマホと比べると割高感がある。

HTC

 「HTC U11」のような高級感溢れるデザインと、握るだけで設定したアクションをしてくれる「エッジセンス」は、この端末のみの独自機能。だが、エッジセンスは使いどころが難しい。握る強さや起動させるアプリを設定できるが、たとえばカメラを起動してシャッターを切るという動作だが、握る加減に慣れないと誤爆が多い。とくにシャッターが切れないからと何度も握っていると、パシャパシャとどうでもよい写真が撮れてしまううえ、ギュッと握るので手ぶれがおきやすい。インカメラが1600万画素なのは、評価のポイント。エッジセンスに慣れてしまえば、自撮りが格段にしやすくなる。

 また、背面デザインは素晴らしいのだが、一瞬で指紋まみれになるのでケース前提で使うしかない。

 Android Oneらしく、プリインストールされているアプリは必要最低限でシンプル。そのおかげで動作も快適。基本的にAndroid Oneの端末はスマホ初心者向けが多いが、このX2は上級者向けだろう。アプリを自分で好きなだけ追加して、使いやすさなどは自分仕様にカスタマイズ、そういったことを楽しめる人に勧めたい。

使って不満はないが、強みも少ない
新米研究員 ミナミダ

評価:★★★

 実質6万8000円弱とミドルレンジのAndroid One端末としては高めだが、防水・防塵でおサイフ対応と普段使いしやすいのはナイス。非常に指紋が目立つ背面の仕上げには疑問が残るが、端末下部を握って指定アプリやカメラを呼び出す「エッジセンス」は握力設定でややとまどったものの、実際にはスマホを握って即撮影という使い方はアリだと思う。専用ハイレゾイヤフォンが付属するのはお得感があるが、ワイヤレスなら+1点だった。

HTC

 ただし、見た目も搭載機能も突出して個性的というスマホではなく、「日本で使うのに不満な点をカバーしたグローバル端末」という印象が拭えないのは少々残念だ。激戦区のこの価格帯でHTCスマホをチョイスするには、以前用意されていた「ドットビューカバー」など、もうひと押しの個性なり独自機能が欲しい気もする。

総研
アスキースマホ総研リーダー ドロイドさん。スペックに載らない話が好き
総研
主席研究員 スピーディー末岡。スペックの数値が大好きスペック厨
総研
新米研究員 ミナミダ。小型端末と肌色多めの美少女ゲームが大好物
Y!mobile「Android One X2」の主なスペック
メーカーHTC
ディスプレー5.2型液晶
画面解像度1080×1920ドット
サイズ約73×149×8.1mm
重量約142g
CPUSnapdragon 630 2.2GHz+1.8GHz
(オクタコア)
メモリー4GB
内蔵ストレージ64GB
外部メモリーmicroSDXC(最大256GB)
OSAndroid 8.0
最大通信速度(下り/上り)350Mbps/37.5Mbps
4G対応周波数(SB)2.1GHz/1.7GHz/1.5GHz
/900MHz/2.5GHz(AXGP)
無線LANIEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数リア:約1600万画素
/イン:約1600万画素
FeliCa/NFC○/○
ワンセグ/フルセグ×/×
防水/防塵IPX7/IP6X
バッテリー容量2600mAh
生体認証○(指紋)
USB端子Type-C
連続通話時間(LTE/3G)約1360分/約1220分
連続待受時間(LTE/3G)約237時間/約317時間
カラバリサファイア ブルー、アイス ホワイト

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking