2017年12月22日21時00分

日本初!解像度5K&視野角210度の「StarVR」が体験可能な「SEGA VR AREA SHINJUKU」試遊レポ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
StarVR
「SEGA VR AREA SHINJUKU」は、セガ新宿歌舞伎町の2階に設置されている

 STARVR CORPORATIONは、セガ エンタテインメントと共同で最高5Kの高解像度かつ210度の広視野角のVRヘッドマウントディスプレー(HMD)「StarVR」を導入したVR体験エリア「SEGA VR AREA SHINJUKU」を、本日12月22日セガ新宿歌舞伎町内にオープンした。

StarVR
「StarVR」の体験スペースは、2種類のゲームが同時に2人楽しめる形で区切られている

 StarVRは、片眼2560×1440ドットの2.5K解像度の有機ELディスプレーパネルを左右に搭載し、最大で5Kの高解像度映像を映し出す。ハリウッド映画のCG撮影で使われているトラッキングシステム「ハイスピード・オプティカル・トラッキングシステム」を採用。“VR酔い”の原因である速い動きの映像の乱れを抑制し、滑らかな映像を実現しているという。

 StarVRはBtoB用のVRHMDとして提供され、海外だと、映写システムで知られるIMAX社による米ロサンゼルスにあるVR施設「IMAX VRセンター」に採用され、映画に関係するVR映像が楽しめたりと、徐々にその存在感を知らしめている。国内では「SEGA VR AREA SHINJUKU」が初採用となるため、現状唯一体験することができる。

StarVR
StarVRは210度の視野角をカバーするためか、前面のHMD部が弧を描く、サイズも大きめ
StarVR
視野角のイメージ。視野角120度ほどの一般的なVRヘッドセットと比べると、210度という広視野角は左右のカバー範囲が格段に上がる
StarVR
画像はStarVRでのシミュレーション画像。左が5Kで右が2K。5Kの高解像度だと、画像の粗さが目立たなくなり、金属の質感などの表現がよりリアルになっている

「SEGA VR AREA SHINJUKU」では、「THE MUMMY PRODIGIUM STRIKE」と「JOHN WICK CHRONICLES」という2種類のSFシューティング型アクションゲームをプレイできる。価格はどちらも1200円で、チケットを購入して体験を行なう。どちらも同時に2人までプレイ可能だが、協力プレイや対戦要素などはなく、ソロプレイのみとなっている。

 対象年齢は13歳以上となっており、他のVRHMDと同じく13歳未満の人は体験できないとしている。そのほか、体験ができない条件は、身長130cm未満の人、体重100kg以上の人、妊娠中の人、飲酒している人、乗り物に酔いやすい人、心臓や首、腰、脊髄、血圧に異常や疾患がある人、眩暈や恐怖症、痙攣、発作、騒音過敏性などの症状が悪化する恐れのある人など、細心の注意をはらった多岐に渡る項目が並ぶ。

 StarVRのスペックは以下のとおり。視野角は210度と「Oculus RIft」やHTCの「VIVE」といった、すでに普及しているPC用VRHMDの視野角110度よりも広い。その視野角をカバーするためだろうが、前面のHMD部が弧を描き、こめかみ辺りまでの範囲をカバーするような形状をしているため、サイズは大きめで重量も530gとやや重い。

「StarVR」の主なスペック
ディスプレー5.1インチ AMOLEDディスプレー
解像度5120(片眼2560)×1440ドット
リフレッシュレート60Hz
視野角水平210度、垂直120度
内蔵センサーGセンサー、ジャイロセンサー、高性能IMU
サイズ/重量259.1(W)×144.3(D)×90.6(H)mm/530g

 ヘッドベルトは伸縮するゴム製で、左右で長さを調整し、マジックテープで止める形とVIVEの標準のものに近い。目の前のスペースはOculusのデベロッパーキットよりも狭い感じで、一応眼鏡を付けてもOKと言われ、最初は眼鏡ありのママ被ったが眼鏡のフレームが曲がり、鼻パッドが食い込む。眼鏡の形状によっては、入れることも厳しく、壊れる可能性もあるので、できれば眼鏡なしをオススメしたいところだ。

StarVR
StarVRのHMD部は、顔に当たるパッド部分と、ディスプレーまでの距離が近く、眼鏡をしたままでは、装着するのがかなり厳しい

 とはいえ、焦点距離や瞳孔間距離の調整ができる機能がある訳ではなく、被った際の高さを自分で調整することで、焦点を合わせるくらいしかできない。この辺りの見え方に関することは、VRの体験の際に気にする人が多い点なので、改良の余地があると感じた。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking