2017年12月08日11時00分

つばさ先輩がダメ社員に教える!「Spotlight」でデキる男のプレゼン術

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
a

 ロジクールのプレゼンをリモート操作できる「Spotlight」(Amazon販売ページ)。プロジェクターで投影した資料の部分的な強調や拡大ができるツールで、マウスのようにポインターを動かしてブラウザーの閲覧や動画再生も可能だ。

 今回、プレゼンがうまくいかなくて悩んでいるサンキュー鈴木に先輩つばさがSpotlightの使い方を伝授! 数ある便利機能を余すことなく紹介しているのでぜひご覧いただきたい。

 特にSkypeなどで画面共有するウェブ会議でも、Spotlightを使って画面の向こうの相手にしっかりプレゼンできる様子は必見だ。

 Spotlightには音量調整やブラウザーのスクロール、キーストロークなどがパソコンに触れずに操作可能なジェスチャー機能が搭載されている。プレゼンの内容にあわせてジェスチャーを割り当てれば、スムーズなプレゼンができること間違いなし。

 さらに、たった1分の充電で3時間使える程の高速チャージにも注目。会議直前に万が一電池がなくてもサッと充電してプレゼンに挑めるので安心だ。また60分でフルチャージでき、最大およそ3ヵ月も使えるぞ。

a

 カラーは新色レッドのほかに、スレート、ゴールド、シルバー(アップル専売)。仕様は以下のとおり。

ロジクール Spotlightプレゼンテーション リモート
インターフェースUSB Type-C
Bluetooth Smart
無線方式2.4GHz
操作距離およそ20m
本体サイズ 幅28.1×奥行き12.1×高さ131.3mm
重量およそ49.2g(電池含む)
対応OSWindows 7以降
macOS 10.10以降
対応アプリPowerPoint、KeynoteGoogle Slides、PDF、Preziなど
オンラインストア価格1万2880円(税抜)

(提供:ロジクール)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking