2017年12月06日15時30分

8Kが確実に普及するのはテレビよりPCディスプレー デルがセミナー実施

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
デル
デルの8Kディスプレー「UP3218K」

 デルは12月6日、8K映像に関するプレスセミナーを開催。8Kが必要とされている現場などを紹介した。

デル
デル
DisplayPort2本で8K出力をしている

 同社は7月28日に8K(7680×3320ドット)解像度の31.5インチディスプレー「UP3218K」を発売(税抜の直販価格は49万8800円)。ターゲットユーザーとしてメディアやエンターテインメント、科学分野などを想定しており、ユーザーの声も好評だという。

4000万画素のデジカメ写真も等倍で表示できる

デル
「高解像モニターで写真を見るのが楽しい」と語る西尾 豪氏

 セミナーでは2名のゲストスピーカーが登壇。最初に登壇したのはフォトグラファーの西尾 豪氏。

デル
8KとフルHDでは解像度的にかなり差がある

 西尾氏は、現在のデジカメは4000万画素クラスのものも登場している一方、フルHDや4Kのモニターでこの画像を表示するには解像度が低いと指摘。等倍表示にした場合、一部しか表示されないからだ。

デル
8K(左)と4K(右)のモニターで等倍表示させたところ。これだけの違いがある

 しかし、8Kモニターなら等倍でほぼ全体の表示が可能で、またAdobeRGB 100%に対応する色域を持つため、色の再現性も高く、確認作業の効率が上がるとした。

デル
90度回転させて縦位置表示が可能。全身写真も確認しやすい

 さらに、UP3218Kは画面を90度回転させることで縦表示が可能。縦位置で撮った写真をそのまま表示できるため「(モデルの)全身を撮った写真もかなりすごい」と感想を語った。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking