2017年12月03日12時00分

早くも発売のハイエンドSIMフリースマホ「HUAWEI Mate 10 Pro」をチェック!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 海外での発表からわずか40日。早くも国内で発売されたファーウェイのフラグシップ機「HUAWEI Mate 10 Pro」。18:9の6型有機ELディスプレーを採用しながら、狭額縁により、ライバルを下回るサイズが魅力。さらに防水・防塵も対応した。同時発表のミドルハイ機「HUAWEI Mate 10 lite」とともに発表会での写真を中心に紹介していこう。

11
すでに発売された「HUAWEI Mate 10 Pro」

有無を言わせぬ高性能 国内SIMフリースマホ最強機!?

 HUAWEI Mate 10 Proについて、発表会でも大きくアピールされたのが“AIスマホ”という点。本機に搭載されているSoC「HUAWEI Kirin 970」はNPU(Neural Network Processing Unit)と呼ばれるAIの演算に特化したプロセッサが内蔵されているという。それによって得られるメリットはカメラでの被写体の認識や処理の効率化、そしてそれにともなうバッテリー消費の改善などという。

11
発表会で強調されていたのはAIプロセッサー内蔵という部分
11
11
発表会での展示の例。被写体を変えると1秒くらいで認識して、赤枠部分のアイコンが切り替わり、それぞれに最適化された撮影が自動でできる

 そのAIスマホの要素を抜いたとしても、性能自体は非常に高い。主なスペックは縦長の6型有機EL(1080×2160ドット)、Kirin 970(2.36GHz+1.8GHz、オクタコア)、6GBメモリー、128GBストレージ、12メガ+20メガカメラ(イン8メガ)、4000mAhバッテリー、Android 8.0など。さらにIP67の防水・防塵にも対応している(ファーウェイでは「耐水」と表現)。

11
HUAWEI Mateシリーズもついに18:9の縦長スタイルに。6型有機ELディスプレーを搭載している
11
背面は指紋が目立ちやすいテカテカ系

 注目はやはりLeicaダブルレンズカメラだろう。12メガ+20メガのカメラはRGB+モノクロの組み合わせで「SUMMILUX-H」の名称も含めて、「HUAWEI P10 Plus」と同じだが、F値は1.6に進化。これはリアのダブルレンズの両方で暗い場所でもさらに強くなった。

11
11
おなじみLeicaダブルレンズカメラはさらに進化。写真はミッドナイトブルーのカラバリ
11
11
写真ではそれほど青っぽくないが、見る角度を変えると青が強調される
11
11
縦長&狭額縁ゆえに横幅は74.5mmとiPhone 8 Plusを大きく下回り、さらに縦方向でも小さい

 ネットワークでも3波のキャリアアグリゲーションに加え、デュアルSIMは4G+4GのデュアルVoLTEの待受に国内初で対応。ただし、国内でVoLTE対応しているのはソフトバンク網のみとなる。

11
国内初のDSDV対応機でもある

 デザイン面ではミッドナイトブルー、チタニウムグレーの2色。ともに背面は光沢感の強い鏡面仕上げで指紋は正直目立ちやすいが、金属の堅さを表わすような外観は大人向けという印象。ダブルレンズの一直線上に置かれたタッチ式の指紋センサーは、顔認識などに対応したライバルと比べると一歩見劣りしてしまうが、設置場所も含めて実用的で不満は生じない。

11
こちらはチタニウムグレーのカラバリ
11
11
光沢感の下に見えるグレーが金属的な堅さを感じさせる

 価格は税抜8万9800円だが、6GBメモリー搭載の最上位モデルの導入ということで納得が行く範囲。この高性能ゆえに、本機に液晶ディスプレーやキーボードなどを接続して、PCライクに利用できる「PCモード」も実用的に感じたが、すでにテストしているのであらためて別の機会に紹介したい。

11
PCモードの展示も。こちらはあらためて紹介予定

 続いては、ミドルクラスの「HUAWEI Mate 10 lite」を紹介する。

11
左が「HUAWEI Mate 10 lite」。ディスプレーはほんのわずか小さく、本体はわずかに大きい
 HUAWEI Mate 10 ProHUAWEI Mate 10 lite
ディスプレー6型有機EL5.9型液晶
画面解像度1080×2160ドット1080×2160ドット
サイズ約74.5×154.2
×7.9mm
約75.2×156.2×
7.5mm
重量約178g約164g
CPUHUAWEI Kirin 970
2.36GHz+1.8GHz
(オクタコア)
HUAWEI Kirin 659
2.36GHz+1.7GHz
(オクタコア)
メモリー6GB4GB
ストレージ128GB64GB
外部ストレージ×microSDXC(最大256GB)
OSAndroid 8.0Android 7.0
対応ネットワークLTE:バンド1/2/3/4/5/7/8/9
/12/17/19/20/26/28/32
/34/38/39/40/41
W-CDMA:バンド1/2/4/5/6/8/19
LTE:バンド1/3/5/7/8/19/28
/38/40/41
W-CDMA:バンド1/5/6/8/19
DSDS○(DSDV)×
CA対応○(3CC)×
無線LANIEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
IEEE802.11n
(2.4GHz対応)
カメラ画素数リア:12メガ+20メガ
/イン:8メガ
リア:12メガ+2メガ
/イン:13メガ+2メガ
バッテリー容量4000mAh3340mAh
SIM形状nanoSIM×2nanoSIM×2
USB端子Type-CmicroUSB
カラバリミッドナイトブルー、チタニウムグレーオーロラブルー、グラファイトブラック
価格(税抜)8万9800円4万2800円

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking