2017年12月01日10時00分

5.8型のiPhone XはほかのiPhoneより本当に画面が大きいのかをアナログに検証する

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 iPhone Xは5.8型でフルスクリーンディスプレーを採用し、極力フレーム幅を狭くしたデザインがウリ。iPhone 8 Plusが5.5型、iPhone 8が4.7型なので、数字のうえでの画面サイズはiPhone Xが一番大きい。だが、実際はどのくらい大きいのだろうか。

サイズ

 その疑問から、今回はメジャーという文明の利器を使って3機種の画面サイズを測った。本当に大きいのはどれだ!?

 今回測ったのはディスプレーのサイズだけだが、参考までに各モデルの本体サイズを明記する。横幅的にはiPhone 8とiPhone 8 Plusの間で、iPhone 8に近いことがわかる。

  1. iPhone X:5.8型 70.9×143.6×7.7mm 重さ174g
  2. iPhone 8 Plus:5.5型 78.1×158.4×7.5mm 重さ202g
  3. iPhone 8:4.7型 67.3×138.4×7.3mm 重さ148g

まずは高さから

サイズ
iPhone X。133mm
サイズ
iPhone 8 Plus。122mm
サイズ
iPhone 8。103mm

続いて横幅を計測

サイズ
iPhone X。62mm
サイズ
iPhone 8 Plus。69mm
サイズ
iPhone 8。57mm

対角線の長さをチェック

 ディスプレーの大きさは対角線で決まる。1型(インチ)=2.54cmで計算できる。ただiPhone Xは画面比率が違うので、5.8型ピッタリにはならない。iPhone 8 PlusとiPhone 8は16:9の比率なので、ピッタリ5.5型、4.7型になる。

サイズ
iPhone X。143mm
サイズ
iPhone 8 Plus。140mm
サイズ
iPhone 8。118mm

 画面サイズをまとめると以下のとおり。

  1. iPhone X:62×133mm 対角線143mm
  2. iPhone 8 Plus:69×122mm 対角線140mm
  3. iPhone 8:57×103mm 対角線118mm

 この結果を見るとiPhone XはiPhone 8 Plusより縦が長く、横幅が狭い。オールスクリーンディスプレーとはいえ、すべてがiPhone 8 Plusを上回るわけではないことがわかる。もちろん、iPhone Xが縦長の画面比率という独特なサイズなのも影響している。ただ、横幅が狭いおかげで握りやすくなっている面もある。iPhone 8は4.7型なのもあるが、画面が一回り小さい。小型スマホが好きな人はこちらだろう。

 また、それぞれの面積を求めてみると……

  1. iPhone X:62×133=8246、(切り欠き)34×4=136 8246-136=8110 81.10平方センチメートル
  2. iPhone 8 Plus:69×122=8418、84.18平方センチメートル
  3. iPhone 8:57×103=5871、58.71平方センチメートル

 面積が一番大きいのはiPhone 8 Plusという結果になった。iPhone Xは上部の切り欠き部分を引くとさらに面積が小さくなる。ディスプレーサイズはiPhone Xが上だが、面積はiPhone 8 Plusのほうが広いようだ。

握りやすさ、操作しやすさを検証

 最後に握りやすさを検証した。モデルは編集部コジマ。一般的な20代男性だが、手はやや大きめ。コジマいわく「さすがにiPhone 8 Plusは片手で操作、特にディスプレーの上の部分に触るのが大変です。僕でこの状態なので手の小さい女性はかなり厳しいでしょう。iPhone 8は片手操作余裕です。僕の手に余ってます。iPhone Xはこのふたつの中間って感じのサイズですが、縦長なので画面上部を操作するのが以外と大変。たとえばコントロールセンターを出すために、握る位置を調整しないといけませんでした。横の動きはまったく問題ありません」と細かくレポートしてくれた。

サイズ
iPhone X。中指と親指が余裕でくっつく
サイズ
iPhone 8 Plus。中指と親指の隙間がかなりできてしまう
サイズ
iPhone 8。包み込むように握れてしまう
サイズ
iPhone X。握っている位置から対角線上の上部を触る実験。親指の長いコジマも握り位置の調整が必要になったとのこと
サイズ
iPhone 8 Plus。この位置を触るぞ! と明確に意識しないといけない。端末の真ん中くらいをもたないと届かない
サイズ
iPhone 8。画面中に指が届く。このサイズ感が人気の秘訣か

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking