2017年11月17日10時00分

Slackが日本語版を正式ローンチ メッセージ送信ボタンの日本独自仕様も

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 世界100ヵ国以上で使われているビジネスチャットサービス『Slack(スラック)』が2017年11月17日、正式に日本語版のサポートをスタートさせた。「ビジネスライフを、よりシンプルに、より快適に、より有意義に」をミッションにするSlackは2013年の誕生以降、毎日600万人以上が利用するまでに急成長したチャットを中心としたビジネスコラボレーションツールだ。チャットによるコミュニケーションの一元化だけでなく、セールスフォース、SAP、Googleドライブなどさまざまなビジネスツールとも連携して利用できる。エンジニアだけでなく、幅広い業界、業種で使われている。

Slack日本語版ローンチ

 完全日本語対応をスタートさせるにあたり、メッセージ送信に「ボタン」を導入した。これはエンターキーをほかの目的で使うことが多い日本独自の仕様だ。ユーザーインターフェースの完全日本語のほか、使用マニュアルの日本語化、日本語によるカスタマーサポート、日本円建ての請求書発行にも対応した。現在Slackを利用しているユーザーには、日本語選択のメッセージがアラートされてオンにすると日本語の利用が可能になる。もちろん送信ボタンなしとなる、従来のインターフェースの選択も可能だ。

Slack日本語版ローンチ

 完全日本語以前にも、すでに日本は世界第3位の市場となっており、東京での週刊アクティブユーザーは33万。生産性を高めるビジネスコラボレーションツールとして、「働き方改革」が推し進められている中、今回の日本語化により、大手企業やIT系以外の企業への導入を狙っていく。

Slack日本語版ローンチ
Slack日本語版ローンチ

■関連サイト
Slack

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking