2017年11月11日09時00分

iPhone Xの「ロック画面スワイプ」は本当に必要なのか

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 11月3日、いよいよiPhone Xが発売されました。当初はやや実験的な印象を受け、実際に売れるのはiPhone 8や8 Plusではないかと筆者は予想していました。しかし、実際に手に取ってみると意外にも万人向けに仕上がっています。

iPhone Xの「ロック画面スワイプ」は本当に必要なのか
予約開始日の争奪戦には敗れてしまったものの、レビュー用端末を1週間ほど使ってみた。

 iPhoneとしての使用感は、歴代モデルの中で間違いなく最高と言えるレベルです。しかし使っているうちに気になる点も出てきました。

実際に手に取ってみると、印象が大きく変化

 iPhone Xで気に入っているところを3つ挙げるなら、「画面」「Face ID」「カメラ」になります。本体前面を覆いつくす画面の迫力は圧倒的で、有機ELの鮮やかさはGalaxyシリーズなどで慣れているとはいえ、これだけでもiPhone Xに乗り換える価値があるでしょう。

 次にFace IDは、速さと使いやすさの両面で筆者の想像をはるかに上回っていました。机の上に置いた状態だと画面をのぞき込む必要はあるものの、「もう指紋には戻りたくない」と思えるレベルに達しています。

 3点目はカメラです。これまでデュアルカメラは5.5インチの「Plus」モデルにしかなく、4.7インチiPhoneのユーザーは妥協を強いられてきました。しかしiPhone XではiPhone 8に近い本体サイズで、最高のカメラを使えます。

iPhone Xの「ロック画面スワイプ」は本当に必要なのか
iPhone Xによる長崎港の風景。
iPhone Xの「ロック画面スワイプ」は本当に必要なのか
iPhone Xなら簡単に光学2倍に寄れる。これが4.7インチのiPhoneではできなかった。

 筆者の周囲でiPhone Xを手にした人も、そのほとんどが「以前のiPhoneにはもう戻れない」と漏らしています。

iPhone Xの「ロック画面スワイプ」は本当に必要なのか
iPhone Xでも日本版はシャッター音が目立つので、静かに撮りたいときはライブフォトを使っている。

「ロック画面スワイプ」は本当に必要なのか

 一方、iPhone Xを毎日使っていて疑問に感じるのが、ロック解除に画面下からのスワイプ操作が必要であるという点です。

iPhone Xの「ロック画面スワイプ」は本当に必要なのか
Face ID認証に成功し鍵アイコンは外れているが、画面下をスワイプしないとiPhoneは開かない。

 iPhone Xの本体は比較的持ちやすいとはいえ、片手で持ったまま画面下から親指でスワイプしようとすると、本体を落としそうになることもあります。

 スワイプが必要な理由として、ロック画面の存在が考えられます。Face IDの認証はほぼ一瞬で終わるため、ロック画面の通知を見るためには、たしかにスワイプ操作が必要です。

 そしてiPhone Xでは、ロック画面自体も進化しています。画面を見ていないとき、通知はアプリ名と件数だけが表示され、Face IDで認証したときだけ内容を表示することで、通知の内容を盗み見られることが減っています。

iPhone Xの「ロック画面スワイプ」は本当に必要なのか
通知はアプリ名と件数のみが表示される(左)。画面を見るとFace ID認証により、内容も表示される(右)。

 ただ、ここで考えたいのはそもそもロック画面の通知は何のためにあったのか、という点です。かつてロックの解除にはパスコードやパターンなど、面倒な操作が必要でした。ロック画面に通知を表示すれば、アクションを起こす必要があるかどうか判断できるので、面倒を最小化できたわけです。

 しかしiPhone Xでは画面を見るだけでロックが解除されるので、その面倒は無視できるほど小さくなっています。ロックを解除するまでに起きた出来事を知るために通知は有用な仕組みですが、それを表示する手段は別に用意すればよいでしょう。

 また、Touch ID搭載機では「指を当てて開く」というオプションがあり、これを有効にするとTouch IDの認証後に直接iPhoneが開き、ホームやアプリの画面にアクセスできました。

 まずは、これと同じオプションがFace IDにも加わってほしいところです。そして将来的には、iOSの古くなった部分を見直し、Face IDを中心にユーザー体験を再構築していくことを期待します。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking