2017年11月10日17時30分

セイコークロック、見やすい掛時計「教室の時計」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
セイコークロック、「教室の時計」
「教室の時計」

 セイコークロックは11月10日、学校や学習塾に向けて視認性を高めた掛時計「教室の時計」を発表。11月24日に発売する。

 クロック専用のUDフォントをフォントワークスと共同開発。たとえば3、6、9などは数字のアキ部分を広く設計して判読性を高めている。また、分針と目盛りの高さを合わせることで教室のどこからでも正確な時刻を読み取りやすくしている。

セイコークロック、「教室の時計」
文字盤と目盛りの高さを合わせている(左)、判読性が高く間違いにくいフォントを設計(右)

 同一デザインで「衛星電波受信」、「標準電波受信」、「クオーツ」の3種類を用意。いずれも万一の落下でも割れにくいアクリルカバーを採用。サイズはおよそ直径310mm、厚みはムーブメントにより異なり衛星電波タイプがおよそ60mm、標準電波受信タイプがおよそ48mm、クオーツタイプが57mm。

 価格は、衛星電波受信タイプが2万7000円、標準電波受信タイプが2万1600円、クオーツタイプが1万2960円。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking