2017年11月09日18時00分

ファーウェイ、VRを軸とした産業間協業の計画を発表

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ファーウェイは「ウルトラブロードバンドフォーラム 2017」(10月17日〜19日、中国・杭州)において、クラウドを介したVRサービスの発展、技術革新の促進、ビジネスシナリオの創出、包括的な産業エコシステムの構築に向けて、VRオープンラボを軸とした産業間協業に関する計画を発表した。

あ

 米ガートナーの「先進テクノロジーのハイプサイクル:2017年」によれば、ゲーム、映像サービス、ライブ放送分野におけるVRの利用は今後2年間で発展すると予想されている。

 クラウドを介して利用するVRサービスは、軽量な端末・低コスト・クラウドレンダリングなどを特長とし、迅速かつ大規模な展開を実現できることから、将来のVR産業の主流となることが見込まれている。

 今回発表した産業間協業の計画は、クラウドVRサービスに関わる上流と下流のパートナーが産業発展への道筋をともに探求できるよう支援することを目指し、ビジネスアプリケーションシナリオ、サービスソリューション、ベアラネットワークにおけるイノベーション、通信事業者のサービス実現に注力していくとしている。

 産業間でのエンドツーエンドでの協業により、VRオープンラボはエコシステムのシームレスな橋渡しとなり、市場でのVRの普及を促進していくとのこと。現在、30社のパートナーがVRオープンラボを通じた産業間協業に参加している。

訂正とお詫び:一部文章に誤りがありましたので訂正いたしました。(2017年11月10日)

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking