2017年11月03日12時00分

iPhone Xの「切り欠き表示」は対応アプリの増加に期待

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
201711iphone

 iPhone Xの画面上部の凹の切り欠き(センサーハウジング)付近と縦長ディスプレーは大きな特徴のひとつ。ホーム画面では凹の左側に時間、左側にはモバイル回線のアンテナやWi-Fi、バッテリー状態のアイコンが表示されている。そこで気になるのが、アプリを起動した際にこの領域がどう使われるかという点だ。

 標準のマップを起動すると、凹の左右に時間やアイコンが表示される。これはアプリ側がiPhone Xの特徴的な表示に対応していることを示している。

201711iphone
iOS標準のマップアプリの表示
201711iphone
Googleマップでは画面上下に黒帯の領域が表われる

 次にGoogleマップを起動すると、表示領域がディスプレー横の比率に合わせて縮小され、画面の上下に黒帯が表われた。チェックした日時は11月2日で、この時点ではGoogleマップアプリがiPhone Xの特殊な表示に対応していなかった。

 ほかの主要な地図アプリを確認してみると、11月2日時点では「Yahoo!マップ」がiPhone Xに対応しており「地図マピオン」は非対応だった。

201711iphone
Yahoo!マップの表示
201711iphone
地図マピオンの表示

 続いてブラウザーをチェック。当然ながら「Safari」は対応しているが、マップと同じ同じGoogleアプリながら「Chrome」も対応済み。「Firefox」も対応しているが「Opera mini」は非対応だった。

201711iphone
Safariの表示
201711iphone
Chromeの表示
201711iphone
Firefoxの表示
201711iphone
Opera miniの表示

 2チャンネルブラウザー「BB2C」と「JaneStyle」を試してみたが、どちらも非対応だった。

201711iphone
BB2Cの表示
201711iphone
JaneStyleの表示

 アプリが非対応のためセンサーハウジング付近まで画面表示されない場合に気になるのが、文字の入力時。対応アプリで文字入力する際は縦長になったディスプレーの表示領域をフルに使えるため、キーボードサイズが拡大する。逆に非対応アプリでの文字入力は、画面上下の黒帯の領域のせいでキーボードサイズが拡大されない。

201711iphone
対応アプリの場合は表示領域をフルに使ってキーボードを表示
201711iphone
非対応アプリの場合は画面上下の黒帯のため、表示領域をフルに使わずキーボードが小さくなる

 主要アプリは順次iPhone Xに対応していくと考えられるが、iPhone X購入直後はふだん愛用している非対応アプリを使う際、少しストレスを感じるかもしれない。


■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking