2017年11月03日10時00分

iPhone Xでanimojiを送り合えばモテ度が加速する!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 iPhone Xの新機能のひとつ、「animoji」。TrueDepthカメラを使い、各キャラクターを自分の顔と連動させて動かすことができ、さらにSMSで送れるのだ。ところで、機能名にmoji(文字)という日本語をアップルが入れてきたのは、興味深いところ。

animoji

 animojiの面白いところは、顔の向きだけでなく、表情までも認識してくれるところ。たとえばウィンクしたり口を開けたりすれば、キャラクターに反映される。これをSMSで送り合えば、スタンプ以上に濃密なコミュニケーションになることは間違いない。

 まだ編集部にiPhone Xが1台しかないため、筆者のiPhone 6s Plusにanimojiを送ってみた。寂しい自作自演というヤツだが、気にしない。

 animojiを使うにはSMSを開こう。そして下に並んでいるメニューのうち、animojiのアイコン(赤い四角で囲んでいるもの)をタップするとanimoji入力モードになる。そして自分の顔をカメラに合わせる必要があるのだが、これが微妙に合っているのかわかりづらい。

animoji

 表情を決めたら、アバターをタップする。すると、普通のSMSと同じく送信完了。相手には静止画の状態で送られるが、アバターの横にある赤い丸をタップすれば動画も録画でき、animojiがグリグリ動く様子と音声を送れる。送られた側は、iPhone Xでなくても動画を見ることができる。

animoji

表情を読み取って、animojiに反映する

 ウィンクしてみる。アバターの表情もきちんと片目だけ閉じていると認識してくれた。

animoji
animoji

 次に大口を開けて驚いた表情を。口を開ける際、歯を見せているとアバターも歯を見せ、唇で歯を隠しているとアバターに歯が表示されない。かなり細かいところまで見ているようだ。

animoji
追加

 ちょっと不機嫌そうな顔をしてみた。アバターのほうはやや困ったような表情になってしまったが、まずまずの再現性だ。

animoji
追加

 これまで、メッセージのコミュニケーションはあらかじめ用意されたスタンプを送り合うのが主流だった。しかし、このanimojiは自分の気持ちをアバターに託して送ることができる。そのときのリアルな自分の表情を相手に送ることで、より相手に感情が伝わりやすくなるだろう。できるだけカワイイ表情を作って女子に送ればモテること間違いナシ!(個人差があります)

追加
表情はできるだけ大げさにするのがポイント。全力で変顔だ!

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking