2017年10月16日11時00分

カップヌードル松茸味 とろ~り濃厚

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
cn

高級カップヌードル新作

 秋の味覚といえば松茸です。アスキーグルメでも「旬のグルメ特集 松茸編」という特集を組みました。あの独特の香りは、やはり秋の到来を感じさせる何かがあります。全国的にも気温が下がってきた地方が多いようで、温かい食べ物が恋しくなる季節でしょう。

 今回は日清食品の「カップヌードル リッチ 松茸薫る濃厚きのこクリーム」を食べます。価格は248円。

cn
カップヌードル リッチ 松茸薫る濃厚きのこクリーム

 カップヌードル誕生45周年記念商品として発売した「カップヌードル リッチ」は、贅沢なスープが特徴のプレミアムタイプのシリーズ。第1弾の「贅沢とろみフカヒレスープ味」(2016年発売)は、発売から1ヵ月で、販売累計600万食を突破するヒットを記録しています。第5弾はシリーズ初となる"洋風"仕立てです。

cn
「カップヌードル史上最高級贅沢スープ」とあります。気合は感じます
cn
「松茸香料使用」という予防線

 パルメザン、エメンタール、チェダーの、3種のチーズを加えた濃厚なホワイトクリームスープに、松茸の芳醇な薫りが特長の香味油を加えています。パッケージはカップを切り株に見立てたデザインで、シリーズのアイデンティティーという金の格子をあしらっています。

cn
「贅沢仕上げ香味油」は別添
cn
「贅沢」の字がデカい

スープは濃厚だが、麺が惜しい

cn
フタを開けて「松茸めっちゃ入ってるやん!!」とテンションが上がりましたが、よく見たらエリンギでした
cn
お湯を入れて3分後、香味油を注いで完成
cn
ブロッコリーとエリンギがメイン具材。パセリも入っています

 食べてみると、チーズのコクが効いたクリームスープが、確かに濃厚です。塩気がしっかりとありますが、「しょっぱ!」というほどではない。このあたりはカップヌードルリッチらしい、「カップヌードルだけど、ちょっと良い感じに仕立てたよ」的なバランス感覚が光ります。

 松茸の香りは、それなりにあります。でも、松茸の香料の香りだなあ、という気もします。過大な期待は禁物かもしれません。一方、具材のエリンギとブロッコリーは良いチョイスですね。歯ごたえがあり、食感の違いを楽しめます。スープの味にも合っています。

 味も、香りも、カップヌードルというよりは、スープパスタの感覚に近いかもしれません。クリーミーで濃厚なスープを、麺に絡めて食べる、そんな印象です。

 惜しむらくは、麺がカップヌードルそのものであるところでしょうか。具材とスープにはこだわりを感じるものの、カップヌードル特有のやわらかくて切れやすい油揚げ麺が、ちょっと負けている気がするかも。

cn
麺がカップヌードルの油揚げ麺。ここが惜しい

 カップヌードルから派生した商品なので、麺まで特別にしろ、とまで言いたいわけではない。ただ、具材もスープも洋風でまとめているために、油揚げ麺の独特の食感と味が、全体から浮いてしまった感があるような……。

 よくよく考えてみれば「カップヌードル史上最高級贅沢スープ」とうたっているわけで、確かにスープは濃厚、ちょっとリッチな特別感がある。具材もそこに調和するチョイスにした。そうなると、麺に物足りなさを感じるのは、仕方ないことかもしれません。

 ただ、248円で、ちょっとこだわったカップヌードルにしました……という作り混み具合は確かです。破綻のないおいしさに、日清食品のプライドを感じます。「濃厚なスープのカップ麺が食べたい!」という人には、かなりオススメできるでしょう。


モーダル小嶋

a

1986年生まれ。担当分野は「なるべく広く」のオールドルーキー。髪型を坊主にしたため、プロフィール画像とまったく違う風貌になった。ショートコラム「MCコジマのカルチャー編集後記」ASCII倶楽部で好評連載中!

人気の記事:
「カシオの1000円腕時計“チプカシ”を買う シンプルこそパワー」「なにこれヤバイ! 『パラッパ』『Rez』並の衝撃『PlayGround』」「【閲覧注意】オオグソクムシと幻のカニを食べる 高田馬場『米とサーカス』」

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking