2017年10月10日18時00分

ゲーミング環境で強いのはRyzen?やっぱIntel? 最強グラボで試してみた

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。有料の会員サービスですが、現在3日間無料キャンペーンを実施中です! 詳細は記事末尾をご確認ください。

 本日は、ASCII倶楽部で4月8日に公開した「ゲーミング環境で強いのはRyzen?やっぱIntel? 最強グラボで試してみた」を紹介します。


 昨年発売された“お金で買える最高のGPU”ことNVIDIAの『TITAN X』。TITAN Xは確かに当時最速のシングルGPUではあったのだが、しかし結局のところ、その“最速”の看板は1年持たなかった。2017年3月11日、“FASTER THAN TITAN X”のキャッチコピーと共に、『GeForce GTX 1080 Ti Founders Editon(以降GTX 1080 Ti)』が販売開始されたからだ。

1080 TI
↑『GeForce GTX 1080 Ti Founders Edition』。ASUSやMSIといったサードパーティーから発売されている“Founders Edition”のカードは、すべてこの銀色のクーラーを装備している。なお、以降GTX 1080 TiやGTX 1080と書いた場合は、特記なき限りこのFounders Editionを指すこととする。

 アメリカではNVIDIA専売で1200ドル、日本ではアマゾン専売で17万円のTITAN Xが、アメリカでは699ドル、日本では実売税別10万円程度のGTX 1080 Tiに負ける――。この業界では、後発の低価格モデルに先行品が抜かれるのはごく当たり前の話だ。TITAN Xを購入した人にとってはつらい現実だが、逆に考えれば、TITAN Xを泣く泣く見送ったという人にも、より低価格で高性能なGTX 1080 Tiを購入するチャンスが巡ってきたわけである。

 要するに、現状もっとも“速い”ゲーミングPCを組むには、GTX 1080 Tiは欠かせないパーツといえる。しかし、高性能なゲーミングPCを組むのであれば、グラボ以外の性能にもこだわらなくてはならないだろう。

 そう、いま自作PC業界で一番ホットな話題といえば、“CPUにインテル Coreプロセッサーを選ぶか、AMDの『Ryzen』シリーズを選ぶか”問題である。すこし前まではCPU、特にゲームPC向けといえば、インテルのメインストリーム向け最上位CPU『Core i7-7700K』が鉄板だった。しかし、8コア16スレッドの高いマルチスレッド性能で低価格を実現したAMDの最新CPU、Ryzen 7シリーズが話題となり、有力な選択肢に食い込んできている。次の自作PCはどちらのCPUを使おうか――そんなふうに悩んでいる読者の方も多いはずだ。

 この記事では、GTX 1080 Tiと組み合わせた際のCore i7搭載PC・Ryzen 7搭載PCの性能をベンチマークで計測し、どちらがより優れた選択肢かを明らかにしてみたい。

“量産型TITAN X”GTX 1080 Tiの性能をサクッとおさらい

 本格的なベンチマーク検証に入る前に、まず「GTX 1080 Tiとは何なのか」についてまとめてみた。

 ここ数年、GeForce系のGPUは型番末尾が“80”のハイエンドモデルが先行してリリースされ、その後にスペックアップした“80Ti”をリリースするのがパターンになっている。今回のGTX 1080 Tiもこのパターンだが、注目すべきはTITAN Xとの違いだ。以下にスペックをまとめてみた。


 続きは「ゲーミング環境で強いのはRyzen?やっぱIntel? 最強グラボで試してみた」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定。いまならASCII倶楽部3日間無料お試しキャンペーンを実施中! 詳細は下記をご覧くださいませ。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が毎日更新されております!

3日間無料トライアルキャンペーン実施中!

 アスキーの会員サービス(月額1080円)「ASCII倶楽部」では、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

 加えて、ASCII倶楽部では会員の方だけが読める連載・特集記事やニコ生のアーカイブ、さらにはイベント(!)も楽しめちゃいます。

 そんな月額サービスのASCII倶楽部はただいま3日間無料トライアルキャンペーンを実施中。トライアルキャンペーンでは、ASCII倶楽部のすべてのコンテンツを利用できるので、期間内であれば週アスも読み放題!

320

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額1000円+税(税込1080円)
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explor 11※Edgeは除く , Google Chrome , Firefox
(Mac)Safari
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking