2017年10月06日09時00分

VAIOが約2年ぶり進化、新VAIO Pro PGはLTE対応で「常につながる」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 VAIOは、2015年12月の法人向け「VAIO Pro 13 mk3」(個人向け「VAIO S13」)以来、実に1年10ヵ月ぶりに新製品を発売した。新たな13インチモデルの名称は「VAIO Pro PG」(個人向けは「VAIO S13」)と、これまでの数字表記ではなく英語表記に改められた。今回は新生「PGシリーズ」についてじっくり紹介する。

「VAIO、法人向く。」の現在を探る第13回

SIMフリーLTE搭載で新たな試みも

 今回のコンセプトは「VAIOらしいPC」であり「生産性を高める次世代の働き方を創る」こと。基本的に個人向けのVAIO S13と法人向けPGシリーズでは製品的にほとんど違いはないが、法人向けを重視し、「安心」「継続」「信用」をキーワードに正統進化させている。ユーザーからの声としては、「LTEモジュールの搭載」「バッテリー駆動時間の改善」にいちばん要望が多く、今回はその点に関して改善されている。

 いちばんの注目は、なんといってもLTEモジュールの搭載だ。これまで「VAIO Pro 11 mk2(VAIO S11)」には内蔵されていたが、今回13インチモデルにも搭載されたことで、より一層ネットワーク接続に強いモバイルPCとして進化し、選択肢の幅が広がったといえる。今回搭載されたSIMフリーLTEモジュールは、従来のものと違い、さらに受信周波数帯の幅を広げ、国内の主要キャリアを網羅。もちろんキャリアアグリゲーションに対応し、下り最高450Mbpsに高速化している(従来は150Mbps)。SIMスロットもカバー付きとなり、SIMカードが飛び出す心配がない。

「VAIO、法人向く。」の現在を探る第13回
↑スロットは、背面からSIMを差し込むが、カバーが付いたことで不意なSIMの飛び出しを抑制することになった。

 そして新たな取り組みとして、LTEモジュール搭載モデルには、Windows 10のデータプランに対応したSIMカード「Cellular Data for VAIO」が同梱される。

 実はVAIO S11でLTE対応モデルを購入した人を対象に、SIMカードをどのように入手するかアンケート調査したところ、約25%人が当面SIMを入れて使用する予定はないと解答。LTEモジュール搭載モデルを購入したにも関わらず、1/4の人が使用していないという実態を踏まえ、モバイルPCでLTE通信ができる快適さを実感してもらうべく、SIMを最初から同梱するようにした。

「VAIO、法人向く。」の現在を探る第13回
↑LTE搭載モデルを購入すると同梱される「Cellular Data for VAIO」のSIMカード。

 Windows 10のデータプラン(Cellular Data)とは必要なぶんだけ容量を購入できる、モバイルネットワーク接続の販売サービス。Windows 10に組み込まれた機能のため、特に設定の必要もなく、Wi-FiスポットやLTE通信が可能だ。Cellular Data for VAIOは、フランスの電気通信事業者であるTransatel社が提供するグローバルローミングSIMで、日本国内のサポート対応は株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)が担当する。1GBが無料で使える(有効期間 接続後1ヵ月間)ので、購入者は誰でもLTE通信を試すことが可能。モバイルPCでLTE通信が利用できる便利さを実感してもらえるわけだ。

「VAIO、法人向く。」の現在を探る第13回
↑Windows 10のデータプランは、SIMカードを差すだけで認識して接続。最初の接続から1ヵ月間、1GBの容量を無料で使える。
「VAIO、法人向く。」の現在を探る第13回
↑容量を使い切ると、Windowsストア経由でチャージできる。LTEがつながる環境ならどこでも購入可能だ。

 プリペイドタイプなので、必要なときに必要なぶん、いつでもどこからでもチャージできる。無料で使える容量が切れてしまったらチャージして引き続いて利用が可能。もちろん、別のMVNO事業者に乗り換えたいという場合は、各社が販売している月額固定容量のSIMを新たに導入してもいい。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking