2017年10月02日10時00分

Google ドライブを使ってGmailで大容量ファイルを送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
2017gmail

大容量ファイルをGmailで送信したい場合は
Google ドライブを活用しよう

 Gmailは、写真やオフィス文書などを添付ファイルとして送信できるほか、Google ドライブを使ったより大容量のファイルの送信にも対応しています。今回は、Gmailを使った大容量ファイルの送信について解説します。

大容量の添付ファイルを送るのはマナー違反

 Gmailを含む電子メールは、メールに添付ファイルとして画像やオフィス文章ファイルなどをいっしょに送信できます。ただし、一般的に大容量のファイルの添付はマナー違反とされています。企業や学校などの電子メール利用の講習でも、添付ファイルの容量は10MB以下や3MB以下がマナーとして教えられることが多いようです。

 メールサービス側でも添付ファイルのサイズを最大10MBまでなどと制限していたり、大容量の添付ファイル付きメールの受信を拒否することもあります。Gmailも例外ではなく、添付ファイルの送信は最大25MB、受信は50MBまでに制限しています。

20171002gmail
数百KB程度のオフィス文書なら、添付ファイルで送信しても問題ないが、大容量の写真や動画を送信する場合は、はクラウドストレージやファイル転送サービスの利用が推奨される

 メールで大容量の添付ファイルの送信がマナー違反とされるのは、相手のメールサービスの保存容量を占有してメールの送受信に不都合を起こしたり、ネットワークに負荷をかける、メールの受信完了に時間がかかるなどいくつかの理由があります。

 大容量のファイルを相手に送りたい場合は、クラウドストレージやファイル転送サービスにアップロードして、相手にダウンロード用URLを送るという方法が一般的です。

Googleドライブで大容量ファイルを送信する

 Gmailで大容量ファイルを送りたい場合、標準機能としてグーグルのクラウドストレージ「Google ドライブ」のファイル共有を使う方法が用意されています。

 PC版Gmailの場合、まずはメール作成画面でGoogle ドライブアイコンをクリックして「ドライブを使用してファイルを挿入」の画面を表示します。

20171002gmail
Gmailのメール作成画面で「Google ドライブ」のアイコンをクリック

 PC内のファイルをアップロードして共有したい場合は“アップロード”タブからファイルをアップロードしましょう。すでにGoogle ドライブに保存済みのファイルを送る場合は、ファイルを選んで右下の“ドライブのリンク”を選び、画面左下の“挿入”をクリックします。

20171002gmail
Google ドライブの画面で送りたいファイルを選ぶか、「アップロード」タブからPCのファイルをアップロードする

 メールを送信する際は、ファイルの共有方法を選択します。

 通常の“共有して送信”の場合ダウンロード用の専用URLがメールに記載され、URLを知っているユーザーなら自由にダウンロードできます。複数人にメールを送り、それぞれダウンロードしてほしい場合にも便利です。もしダウンロード用URLを無効にしたい場合は、Google ドライブで共有したファイルを右クリックして“共有”を選び“共有可能なリンク”をオフにしましょう。

 もうひとつの共有方法が、メールを送った相手にだけダウンロードを許可する方法です。送信画面で“その他のオプション”→“このメールの受信者”を選ぶと、メールを送った相手だけダウンロードできるようになります。ただし、送り先の相手はGmailなどGoogleアカウントのアドレスを持っているユーザーに限られます。

20171002gmail
メールの送信時に、ファイルの共有方法を指定する。標準では、URLを知っているユーザーなら誰でもダウンロードできるURLが挿入される。送信先のGoogleアカウントのユーザーしか受信できないようにするには「その他のオプション」を選ぶ

 ここまで、GmailとGoogle ドライブを使った大容量ファイルの送り方について紹介しました。共有方法はややシンプルですが、無料ですぐに使えるのは便利です。目的に応じて、ほかのクラウドストレージやファイル転送サービスと使い分けるようにすることをオススメします。


■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!