2017年09月27日11時00分

ほぼ1万円で手軽にケーブルフリー化、エレコムの完全独立型イヤフォンを聴く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
エレコム

約1万円の完全独立型イヤフォン、エレコムから注目の選択肢

 昨年以来、急速にメジャー化が進み、製品の選択肢も増えたBluetooth接続のワイヤレスイヤフォン。なかでもトレンド最前線のモデルが、ケーブルフリーの装着感のよさや、デザイン性などで注目を集めるTrueWireless(完全独立型)のイヤフォンだ。定番モデルはジャンルを切り拓いたアップルの「AirPods」だが、過去1年間を見渡すと小規模な海外イヤフォンメーカーの参入も数多い。

 そんななか、日本国内のイヤフォン大手であるエレコムから、TrueWirelessイヤフォン「LBT-TWS01」が発売された。早速、実機を元にレビューをしていこう。

ポイントのひとつは装着感、しっかりと耳にはまる

 エレコムから発売されたTrueWirelessイヤフォンLBT-TWS01の特徴から解説していこう。まずは、外観からチェックしていく。

エレコム

 片耳あたりのサイズはおよそ幅25×奥行き18×高さ26mmで、重さは約12g。TrueWirelessイヤフォンとしては、やや大柄なデザインだ。

 カラーは「ブラック」「ミックス」の2色だが、今回レビューした「ミックス」のカラーでは装着時に耳に見える位置の右側が黒、左側が赤に塗装されている。音響機器では右側(R)を赤色にするのが常識なのだが、LBT-TWS01は少し意表をついたデザインだ。

 なお、装着時に正面から見ると、左右の耳からイヤフォンが約1cmはみ出すので、ロボットのようなイメージを持つかもしれない。個性的なデザインが多いのもTrueWirelessイヤフォンの特徴だろう。

 イヤフォンとしては少し大柄だが、耳へのフィット感の観点では優秀だ。

 LBT-TWS01は耳に触れる内側が、人の耳周りの形に合わせた曲線が付けられ、ノズルにも耳孔に挿入しやすい角度が付けられている。さらに耳へのサポーターとなる「3Dイヤーアーム」を取り付けられるため、装着後に少しイヤフォンを回すように調整すると、耳の内側の凹凸にピタリとフィットする。収まりがよく落ちる心配もなさそうだ。遮音性にも優れ、音質面でのメリットもあるだろう。

 操作用のボタンは左右ともにマルチファンクションボタンを搭載する,電源オンや左右のペアリング、再生/早送り/着信応答などの操作にも対応。右側のイヤフォンには通話用のマイクも内蔵する。

エレコム

 イヤフォンのドライバーには直径6.0mmの外磁型ダイナミックドライバー「マイクロETEM(イーテム)ドライバー」を採用する。ノズルの先端にドライバーを設置するDirect Contact Mount(ダイレクトコンタクトマウント)構造で、耳孔の奥深くまで挿入して装着できるため、音響面でも有利に働くというわけだ。

 ワイヤレスイヤフォンとしての基本仕様は、Bluetooth 4.1で接続してHFP/HSP/A2DP/AVRCPという音楽再生・通話に必要なプロファイルに対応。音楽再生時のコーデックは標準的なSBC対応だ。なお、左右のイヤフォン間の接続にBluetoothを使用する。一部のTrueWirelessイヤフォンでは、電磁誘導を使うNFMIが採用されているが、距離が離れても安定するため、敢えてBluetoothにしているそうだ。なお、あくまで緊急用ではあるがLBT-TWS01の片方だけをペアリングして、片耳再生することも可能だ。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!