2017年09月26日15時30分

ラディウスから6000円台の耐水Bluetoothイヤフォンが登場

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
radius
「HP-S100BT」はシーンに合わせて2スタイルを選べる耐水モデル
radius
イヤーフック「HP-EAF」は太さ1.5~1.9mmのケーブルに対応。カラーはクリアとブラックの2色

 ラディウスは9月22日、Bluetoothイヤホン「HP-S100BT」シリーズと、イヤーフック「HP-EAF」を発表した。発売日はHP-S100BTが10月2日で、HP-EAFが10月初旬。価格はHP-S100BTが6458円前後、HP-EAF02(2個入り)が626円、HP-EAF04(4個入り)が1058円。

 HP-S100BTはBluetooth 4.1に対応し、一般的なSBCに加えてaptX、AACコーデックに対応。ドライバーは新開発の6.0mmモデルを搭載する。無線通信は8台までの機器とペアリングが可能なマルチペアリングと、音楽再生機器(A2DP)と通話機器(HFP/HSP)、それぞれ1台ずつに同時接続が可能なマルチポイントに対応。スマートフォンとミュージックプレーヤーの2台持ち環境をサポートする。

 また、IPX6準拠の耐水仕様となっており、スポーツやエクササイズなどのアクティブシーンで使用可能。付属のイヤーフックで、通常掛けと耳掛けのスタイルが選択可能。イヤフォンヘッド内部にはマグネットを搭載し、非使用時はヘッド同士をまとめられる。

 カラーはブラック/レッド/ブルーの3色。バッテリーはおよそ2時間の充電で、およそ7時間の再生が可能としている。重量はおよそ12g。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking