2017年09月26日12時00分

iPhone 7 PlusとiPhone 8 Plusのカメラ機能はココが決定的に違う!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 無事にiPhone 8/8 Plusも発売された。iPhone 7とどこが違うのは先日、お伝えさせていただいたとおり。中でも、カメラを中心に使う人ならポートレートモードの違い、またiPhone 8 Plusにのみ搭載されたポートレートライティングモードが気になったに違いない。

20170913iPhone

 そしてついに編集部に実機が届いたので、新し物好きの筆者はiPhone 7 PlusとiPhone 8 Plusを使ってさっそく撮り比べを行なった。その結果をお知らせしよう。なお、iPhone 7 PlusはiOS 11にアップデート済みである。

 iPhone 8 Plusのカメラ性能だが、1200万画素のデュアルレンズでそれぞれF値が1.8/2.8とiPhone 7 Plusと変わらない。いったいどこで差が出るのか!? まずは、ポートレートモードでの結果を見てみよう。iPhone 8 Plusは自動的にポートレートライティングモードになるので「自然光」で撮影している。

カメラ
人物撮影から。F値2.8、露出時間1/100秒、ISO400、露出補正1.5。iPhone 7 Plusで撮影
カメラ
蛍光灯下だが、自然光モードで撮影。F値2.8、露出時間1/50秒、ISO400、露出補正0。iPhone 8 Plusで撮影

 人物撮影に関してはほぼ差は感じられないが色味がiPhone 8 Plusのほうが暖色系だ。自然光モードのおかげかもしれない。とはいえ、ほぼ変わらないボケ味を見るとiPhone 7 Plusのカメラも完成度が非常に高いことがわかる。次は小物を撮影してみた。条件は同じポートレートモード(iPhone 8 Plusの場合は自然光モード)。

カメラ
非常にとっ散らかった絵面だが、手前のクマさんにピントを合わせた。F値2.8、露出時間1/100秒、ISO200、露出補正1.5。iPhone 7 Plusで撮影
カメラ
対象から少し離れろ表示されたので、やや引き気味で撮影。F値2.8、露出時間1/100秒、ISO200、露出補正0。iPhone 8 Plusで撮影

 両方とも、一眼レフのように強力にボケてくれる。ポートレートモードではiPhone 7 PlusもiPhone 8 Plusも大差ないだろう。ほぼ同じ実力だった。

 だが、iPhone 8 Plusが真価を発揮するのはポートレートライティングモードだ。こればっかりはiPhone 8にすら搭載されていない。カメラにこだわるのであれば、iPhone 8 Plusを選びたい理由がココにある! それでは、ポートレートライティングモードで撮影した写真を見てほしい。自然光の写真は上記のものがあるので割愛させていただく。

カメラ
スタジオ照明。やや顔色が良くなったのがわかるだろうか
カメラ
輪郭強調照明。シャープネスと陰影により、顔だけでなく被写体が全体的にパッキリとしている
カメラ
ステージ照明。なんと被写体以外が真っ暗になって見えなくなるのが面白い
カメラ
ステージ照明(モノ)。被写体以外がいなくなり、さらにモノクロになる。編集部ゆうこばは「オバケみたい」とコメント

 照明効果でこんなにも写真の印象が変わるのか! と驚かされる。とくにステージ照明は使い方次第では、楽しい写真が撮れそうだ。次は先ほどと同じく小物を撮影。

カメラ
スタジオ照明。なんとなく手前の紫ドロイド君がテカったように見える
カメラ
輪郭強調照明。明らかに色味が変わった紫ドロイド君。陰影も付くのでスタジオ照明と比べると全体的に暗い色合いに
カメラ
ステージ照明。後ろでボケているモモちゃんまでしっかりトリミングしてくれた。テーブルはそのままだ
カメラ
ステージ照明(モノ)。ややアングルを変えたが、かなり綺麗にトリミングしてくれている

 最近、デュアルレンズで一眼レフのようなボケ味を強調するスマホもいくつかあるので、ボケ効果自体は珍しくないのだが、良い感じにボケさせつつ、照明効果で写真の雰囲気をガラっと変えてくれるのは、今のところiPhone 8 Plusのポートレートライティングモードだけ。素人が適当に撮っても、芸術的な写真のように撮影できるのは本当に素晴らしい。それこそ、インスタ映えする写真を撮影したいなら、iPhone 8 Plusだろう。写真を撮るのが苦手な人でも、撮影が楽しくなるはずだ。

 しかも、ポートレートライティングモードで撮影した写真はあとから効果を変更できる。たとえば、自然光で撮影した写真を、編集でステージ照明にしたり、輪郭強調照明にしたりできるのである。しかも、ポートレートモードのオンオフも編集可能だ。撮影したあとも、納得いくまで写真をイジり倒せるのは魅力的。

 なお、後日発売されるiPhone Xにもこの機能は搭載される。


■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking