2017年09月25日09時00分

Windows 10で隠れて動作するアプリを止めてバッテリーを節約する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
win10_321
「設定」から「プライバシー」を開く

調査依頼
バックグラウンドで動作するアプリを止めたい

 Windows 10では、さまざまなアプリがバックグラウンドで動作している。ユーザーが操作していなくても、最新の状態を維持したり、更新情報を受信して通知したりできるようにするためだ。便利な機能ではあるのだが、シチュエーションによっては邪魔になることもある。

win10_321
「バックグラウンドアプリ」でバックグラウンド動作させるアプリを選べる

 例えば、外出先で使うノートPCの場合、データ通信をされるのも困るし、そもそもバックグラウンド動作により、バッテリーを無駄に消費してしまうのがネック。特に使ってないアプリのために、駆動時間が短くなるのは勘弁していただきたい。デスクトップPCの場合でも、数年前の非力なPCだとそもそも遅いので、バックグラウンド動作をオフにしたいこともあるだろう。

win10_321
「アプリのバックグラウンド実行を許可する」でまとめてオンオフすることもできる

 そんなときは、「設定」の「プライバシー」→「バックグラウンドアプリ」でバックグラウンド動作の設定を変更できる。許可済みのアプリ一覧から、不要なアプリをオフにすればいい。すべての動作を止めるオプションも用意されているので、外出時などにまとめてオフにすることもできる。

これでズバッと解決!

 「設定」の「プライバシー」→「バックグラウンドアプリ」でバックグラウンド動作を許可するアプリを個別に選べる。


 Windows 10探偵団は毎週、月・水・日に更新します。お楽しみに!


関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!