2017年09月21日07時00分

ブラウン最強ハンドブレンダー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 デロンギ・ジャパンが、ブラウン史上最強のハンドブレンダーを発表。アボカドの種やコーヒー豆などを粉々にします。10月1日発売。チョッパーモデル(MQ9035X)とフードプロセッサーモデル(MQ9075X)の2種類があります。

000

ブラウン マルチクイック9 ハンドブレンダー MQ9035X
市場想定価格 1万7880円
10月1日発売予定
デロンギ・ジャパン
http://www.braunhousehold.com/ja-jp/mq9

 家電アスキーの盛田 諒(34)です。子育て連載「男子育休に入る」もやっています。わが家の赤ちゃんは6ヵ月になり、離乳食をつくる日々がはじまっています。家ではビタントニオのコードレスハンドブレンダーを便利に使っているのですが、ブラウンから気になるブレンダーが出てきました。一言でいえばパワー系ブレンダーです。

 独自開発のドイツ製ハイパワーモーター(500W)が、硬いアボカドの種も約10秒で粉砕します。ねばりの強い大和芋も簡単にとろろ状にできるそうです。

000
発表会より。モデルの近藤千尋さんがアボカドに挑戦
000
種をふくんだままゴギャーッと簡単に砕けていました

 シャフトが上下に伸び縮みする機構「アクティブブレードテクノロジー」を備え、手の力を込めやすくなりました。シャフトに合わせて回転刃も上下に動き、かきまぜられる範囲は従来の2.5倍にアップ。回転刃に備えた小さな刃「ミルブレード」もかきまぜ範囲を16%増やしています。

 単純にいうと、回転刃がビョーンと下に伸びることで、ボウルの底まで届き、全体にきちんと混ぜられるようになったということです。回転刃をつつむシャフトは、「パワーベルテクノロジープラス」という、ベルのような形。デザインをみなおし、食材の飛び散りをおさえているそうです。

000
シャフトが上下に伸び縮みします
000
回転刃もグイグイ上下に動きます

 操作系には、ハンドルのボタンを強く押しこむと刃の回転が速まり、力をゆるめていくと遅くなる回転速度コントロール機能を搭載。食材がつぶれたかなという手ごたえを感じながら、しぜんな感覚で回転速度を変えていけます。アタッチメントの取りはずしはリリースボタンを押すだけの簡単操作。子どものいたずら防止のため、誤作動防止のスイッチロックもついています。

 パワーがあることで料理時間も省けるのですが、料理の幅が広がるのが楽しいです。簡単なグラインダー機能があるので、挽き方の細かい調整はできないのですが、近所の店で買ってきたコーヒー豆を挽いてハンドドリップする楽しみも味わえます。

000
同上、コーヒー豆をつぶしていきます
000
数秒で粉々に挽けてしまいました

 発表会ではハンドブレンダーでアボカドを種ごと砕いてつくったディップを試食したのですが、とてもなめらかで、種が入っているとは感じられませんでした。

000
種ごとアボカドを砕いてつくったディップ

 おもしろいと思ったのは、牛肩肉(塊)・食パン・生卵・牛乳・ナツメグなどをすべてフードプロセッサーにぶちこみ、ガーッと回して、ハンバーグのたねをつくり、スプーンですくってフライパンでそのまま焼くというお手軽ハンバーグでした。手も汚れないし、ボウルを使う必要もなく、とてもラクで、しかも美味しかったです。

000
ハンバーグの材料を塊でぶちこんでガーッと回す
000
できあがったハンバーグのたねをフライパンにイン
000
おいしいハンバーグが簡単にできました

 発表会にゲスト出演していたモデルの近藤千尋さんは4ヵ月の赤ちゃんがいるそうで「離乳食づくりに使っていきたい」と話していました。正直言うと離乳食づくりにはデカいしコードがじゃまだしそこまでパワーが必要ないので微妙かと思うのですが、赤ちゃんが大きくなっても使えるので、大は小を兼ねる理論でハイパワーモデルを買うのもありかもしません。



関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking