2017年09月20日16時30分

ソフトバンク、IoTデバイス向けeSIMプラットフォームをいよいよ運用開始

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ソフトバンクIoT向けeSIM
ウエアラブル端末などのIoTデバイス向けeSIMプラットフォームの利用イメージ

 ソフトバンクは9月20日、ウェアラブル端末などのIoTデバイス向けのeSIMプラットフォームを9月22日より運用開始すると発表した。

 SIMの入れ替えなしに通信ネットワーク接続に必要なプロファイルを遠隔で書き込めるeSIMは、機器サイズの小さなIoTデバイスにおいて期待されている。今回運用が開始するeSIMプラットフォームは、ソフトバンクがIoT推進の一環として開発、ウェアラブル端末などに内蔵したeSIMに対して通信接続に必要な情報に加え、事前に登録した契約情報なども書き込むことが可能という。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking