2017年09月14日15時00分

LTEに対応したのにサイズが変わらない点に驚かされたApple Watch series 3

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
11
LTE版の「Apple Watch series 3」。アンテナ表示を示す左上の●がある

 アップルがiPhone 8/iPhone 8 Plus、iPhone Xとともに発表した「Apple Watch series 3」。最大の特徴はすでに報道されているとおりに、LTEでの通信に対応した点にある。

 Apple WatchにLTE対応のモジュールを積んだことで、Apple Watch単体で電話の発着信、メッセージの受送信、Apple Musicのストリーミング再生などが可能となった。

 たとえば、自宅にiPhoneを置きっ放しにしつつ、Apple Watchを装着して、近所をジョギングしたり、コンビニに買い物に行ける。今回のApple WatchもApple Payに対応しているため、コンビニでの支払いできるだけでなく、電車やバスに乗ったり、自販機で飲み物を買うこともできる。

 アップル新社屋で開催された発表会終了後、実際にApple Watch series 3のLTE対応版を触った。

11
11
11
LTEモジュールとそれにともなうアンテナが追加されたにも関わらず、これまでと同じサイズ感を実現している

 まず注目したのが、本体サイズだ。LTEモジュールが内蔵されているにも関わらず、従来モデルと比べても大きさがほとんど変わらない。過去にも腕時計型のデバイスでセルラー通信ができるデバイスは存在したが、どうしてもサイズが大きいというのが気になっていた。しかし、Apple Watchの場合はサイズ感を損なうことなく、LTE対応に成功している。しかも、従来どおりに耐水性能を備えているのだから驚きだ。

 LTEに対応しようと思うと、新たにアンテナを収納する必要があるが、アップルではディスプレー部分にアンテナを内蔵させてしまった。金属筐体だと、受信感度を確保するのに苦労することが多いが、アップルでは従来の金属素材を継承しつつ、LTEのアンテナ搭載という離れ業を実現してしまったのだ。

 Apple Watch series 3には従来通りのLTEに非対応のバージョンも存在するが、LTE対応版との見分け方は竜頭部分の色の違いだ。LTE版はリュウズが赤く塗られている。このあたりのデザインは好みが分かれるかもしれない。

11
リュウズの側面が赤くなっている

 LTE版では、時計画面に4つの●印が表示されており、電波の受信感度を把握することができる。また、左上に受話器のマークが表示されており、ここをタッチすると電話の機能が起動し、テンキーでの番号入力やよく電話する相手、最近通話した番号を呼び出すことが可能だ。コントロール画面ではLTE受信のオンオフを切り換えられるようにもなっている。

 実際に通話してみると、腕に装着した状態で顔からApple Watchが離れていても、相手の声は聞こえるし、また自分の声も相手にきちんと伝っているようだ。もちろん、周りにも会話の内容が聞こえてしまうため、自宅では問題ないが、出先であればAirPodsなどを併用する必要があるだろう。通話はVoLTEに対応している。

 Apple Watch series 3を発売するにあたり、ソフトバンクとKDDI、さらに今回から取り扱いを開始するNTTドコモでは、iPhoneと同じ電話番号を使ってApple Watchで通話できるサービスを開始する。Apple Watchが消費するデータ容量は、iPhoneで契約しているデータプランから引かれるようになっている。

11
今回からドコモを含む3キャリアによる取り扱いになった。販売合戦も盛り上がりそうだ

 いずれのキャリアもiPhoneとの契約が前提となっており、Apple Watch単体での契約はできないとされている。

 今回、単体でのLTE通信に対応したことで、Apple Watchの使い勝手はさらに増した感がある。たとえば職場にスマホを持ち込めない人でも、Apple Watchがあれば、電話やメッセージの着信を取り逃すことがないのはかなり便利だろう。

 Apple Watchは初代が発売された当初は苦戦を強いられた感があるが、ここ最近は街中でも装着しているユーザーをよく見かけるようになった。

 3世代目となり、完成度がさらに高まっただけでなく、各キャリアが通信契約と絡めて販売できるようになったことで、iPhone同様に販売合戦が盛り上がり、さらにユーザーが拡大していくことになりそうだ。


■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking