2017年09月13日14時55分

シンガポール・チャンギ空港の地上業務、ARグラスで15分の積載時間短縮

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 Vuzix Corporationは、シンガポール・チャンギ国際空港での地上業務や、アジア・中東の14カ国47空港で機内食ケータリング業務を展開するSATSに、M300スマートグラスを納品したと発表した。

mogura
ランプ作業中にARを活用

 SATSはチャンギ国際空港でのランプ業務の効率化をするために、M300スマートグラスの利用を開始。2018年中頃までに600人に導入予定だという。

 M300スマートグラスの利用でQRコードのようなマーカーがスキャン可能となり、貨物の搭載方法などの地上業務をリアルタイムで確認できる。結果として1フライトあたり15分の積載時間の短縮が見込まれるとしている。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!