2017年02月27日13時00分

日本IBM、コンソーシアム型ブロックチェーンクラウドを国内データセンターから提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 日本IBMは2月27日、国内データセンターから、高度なセキュリティ要件に対応可能なブロックチェーン・クラウド・サービス「IBM Blockchain on Bluemix High Security Business Network(HSBN)の提供を開始した。利用料金は、HSBNとIBM Bluemixの基本料金とサポート料込みで月額160万円(税別)から。

 HSBNは、Linux Foundationが開発を進めるOSSのブロックチェーンプロジェクト「Hyperledger」のファブリックを利用して、IBM Bluemix上にコンソーシアム型ブロックチェーンネットワーク(特定の業界や団体単位で利用するブロックチェーン)を形成するもの。取引履歴を保存して共有する「分散台帳」、取引ルールを規定する「スマート・コントラクト」、取引をシステム上で確定する「合意形成」、取引の安全性を確保・認証する「暗号化技術」を提供する。

 HSBNは、FIPS 140-2 Level 4というハードウェア暗号化技術に準拠する暗号鍵によるデータ管理や、「IBM Secure Service Container」と呼ぶメインフレームのセキュリティテクノロジーを採用したLinux専用エンタープライズサーバー「IBM LinuxONE」などで構成される。ブロックチェーンネットワークの参加者は、これらのセキュリティ技術を採用することで、マルウェアからの攻撃や、なりすましなどの内部犯行によるデータ漏えい・データ改ざん、不正操作を防御できる。

 また、日本IBMが提供するHSBNは、旧SoftLayerの国内データセンターで運用されるため、国内での保有が求められている機密データの利用に対応する。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!