2017年09月01日10時00分

スマホでプログラミングして制御できるボール型ロボット「SPRK+」が発売

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 色や動きをプログラミングで制御できる、ソフトバンクのボール型ロボット「SPRK+」がツクモパソコン本店で販売中だ。

ロボット
ロボット

 直径約76.2mmのボール型デザインを採用した、Bluetooth接続のボール型ロボット。スマートフォンを使って「ビジュアルブロック」ベースのプログラムを自作し、LEDの発光パターンや動作を制御することができる。いわゆるSTEM教育向けの学習ツールだ。

 防水に対応した透明なポリカーボネート素材のシェルボディーに、基板やLED、モーターを内蔵。プログラミングには、AndroidとiOSに両対応した専用アプリ「Sphero Edu」を使用する。プログラミング初心者でも分かりやすいシンプルな構成で、迷路を探索したり水中を泳がせたりといった、多彩な操作が可能だ。

ロボット
ロボット
初心者でも簡単にプログラミングできる専用アプリを用意。LED発光や動きを制御し、アイデア次第で多彩な遊び方ができる

 接続インターフェースはBluetooth 4.0で、約3時間の充電で最大1時間動作する。付属品は、電磁誘導充電ベースや充電用のmicroUSBケーブル、分度器と迷路テープの純正キット、クイックスタートガイドなど。

 ツクモパソコン本店にて1万6800円(税抜)で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking