2017年08月31日16時01分

作業効率グンとアップ、ロジクール新キーボード「CRAFT」の入力ダイアル「CROWN」がすごい

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
logi
ロジクールが「ロジクール KX1000s マルチデバイス ワイヤレス キーボード」(以下、CRAFT)を発表した

 ロジクールは8月31日、キーボードのハイエンドモデル「ロジクール KX1000s マルチデバイス ワイヤレス キーボード(CRAFT)」(以下、CRAFT)を発表した。9月15日より販売開始予定で、価格は2万5750円。

入力ダイヤル「CROWN」はクリエイターやオフィスワーカーの強い味方になる

logi
入力ダイヤル「CROWN」

 CRAFTの最大の特徴は、筐体左上に搭載する入力ダイヤル「CROWN」。CRAFTは、Adobeのデザイナー、プロダクトマネージャー、エンジニアの協力を受けて開発され、Photoshop CC(明るさ、ブラシサイズ、コントラスト、彩度の調整など)、Illustrator CC(新しいシェイプの作成、線幅の調整、透過率の変更など)、InDesign CC(文字サイズ、先送り、画像のパラメーターの変更など)、Premire Pro CC(ジョグやシャトルを使用したタイムラインのナビゲーションなど)などのソフトを直感的に操作できる。また、OfficeやGoogle Cheromeなど10種類以上のソフトウェアやアプリの操作が可能。これにより、さまざまな分野で素早く効率的に作業できるようになるという。

logi
10種類以上のソフトウェアやアプリが最適化されている
logi
ロジクール シニアカテゴリマネージャの山口 英明氏がCROWNについて説明
logi
Excelでは、シート内の移動やテキストサイズの調整などがスムーズに行なえる
logi
logi
範囲を選択して項目を選択すれば簡単にグラフが作成できる
logi
logi
グラフのレイアウトやスタイルも簡単に変更可能
logi
Wordではフォントサイズや段落スタイルが変更できる
logi

 例えば、Illustrator CCだと、下の図のように線をクリックすると、編集、拡大縮小、不透明度、塗り、線という項目が表示され、編集を選択してダイヤルをスクロールすれば線の太さなどを簡単に変更できる。同じように文字をクリックすると、フォントサイズや行間などを簡単に編集可能だ。

 このように、普段はいちいちツールやパネルから項目を選択して数値を打ち込んだり、マウスでスクロールする必要があったが、CROWNを使えば直感的に操作ができるようになり、作業時間も短縮できる。

logi
キャッシュビーの斉藤 舞佳氏がIllustrator CCとPremire Pro CCにおけるCROWNの便利さを解説。「私も経験がありますが、職業柄作業での腱鞘炎に苦しむ人も多いので、手間を省けるCROWNはとてもありがたいです」と説明した
logi
logi
Illustrator CCでは、線を選択して大きさなどを変更可能
logi
logi
文字のフォントサイズや行間なども簡単に編集できる
logi
logi
Premire Pro CCはジョグやシャトルを使用したタイムラインのナビゲーションなどが可能

 なお、数か月のうちに「SDK」というソフトウェアデベロッパーズキットを配信し、今後も様々なソフトウェアでCROWNを使えるようにしたいとのことだ。

20年にわたるキーボード開発の知見が詰まっている

logi
Logitehc International キーボード・コンボ部門 シニアディレクターのアート・オーギニフ氏はCRAFTについて「これまでロジクールが培ってきた20年分の知見が詰まった製品です」と説明

 CRAFTは、筐体もこだわってつくられている。筐体は、陽極酸化アルミを採用。キートップはコーティング加工を施し、耐久性に優れるほかキーの精確性も向上しているという。

logi
筐体は、陽極酸化アルミを採用

 キーピッチは19mmで、キーストロークは1.8mm。キーにはくぼみがあり、素早い入力でも入力ミスを減らすことができる。また、バックライトは、手を近づけるとキーが点灯するほか、照明条件に合わせて自動的に輝度を調節する。

logi
logi
キーにはタイプミスを軽減するためのくぼみがある
logi
バックライトは、手を近づけるとキーが点灯するほか、照明条件に合わせて自動的に輝度を調節
logi
横からみると、若干傾斜がある

ボタンを押すだけで3台までのデバイス間を切り替えてタイピングできる「Flow」機能搭載

logi
ボタンで簡単に3台までのデバイス間を切り替えて使える

 CRAFTは、3台までのデバイス間をボタンで切り替えてタイピングできる「Flow」にも対応している。Windows/Mac両方に対応しているのも特徴だ。サイズはおよそ幅430×奥行14.4×高さ6.6mmで、重さは約960g。

主なスペック
製品名 ロジクール KX1000s マルチデバイス ワイヤレス キーボード
型番 KX1000s
キーレイアウト 113キー日本語レイアウト
キー構造/デザイン パンタグラフ
キーピッチ 19mm
キーストローク 1.8mm
押下圧 60±20g
サイズ およそ幅430×奥行149×高さ32mm
重さ 約960g
無線方式 2.4GHz ロジクール Unifying、Bluetooth Law Energy
対応OS Unifying:Windows 7以降、MacOS10.11以降 Bluetooth Law Energy:Windows 8以降、MacOS10.12以降
そのほかの機能 スマートイルミネーション(近接センサー、自動バックライティング機能)、Easy-Switchボタン(接続させた3台の対応デバイスを簡単に切り替え)

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking