2017年08月17日08時00分

IoTで歯の定期検診 3ヵ月でハードウェアベンチャー誕生プログラム

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 3ヵ月でモノづくりの基本から起業までの知識を学べるプログラム“Tokyo IoT Monozukuri College 2017”のデモデイが2017年8月5日に東京・丸の内にある起業家支援拠点“Startup Hub Tokyo”にて開催された。

Tokyo IoT Monozukuri College 2017

 本プログラムは本気で起業を目指す、エンジニア、デザイナー、ビジネスプランナーなどの参加者が集まってチームを組み、5月から8月にかけて各種プログラムをとおして、ビジネスモデルも含めたハードウェアのプロトタイプまでを作成。デモデイでは実際に動くプロダクトをもちいて、各チームがプレゼンした。

忙しくても定期健診、歯の遠隔診断サービス

 最優秀チームは歯の遠隔診断、検診を自宅でできるように口腔カメラとシステムを制作したチームダントだ。サービスの着眼点やビジネスモデルを評価されての受賞だった。

Tokyo IoT Monozukuri College 2017
Tokyo IoT Monozukuri College 2017

 定期的に行く歯の検診を減らしたい。痛くなってから歯医者に行くなどの課題を解消するため、適切なタイミングでできる限り少ない回数で、自宅でもできる診断サービスとして開発。

 歯磨きのようにプロダクトを口に入れ、歯の写真を撮影。写真をサービスに送り、歯の健康状態を歯科医が診断する。診断により通院タイミングを示唆したり、サービスから診療の予約までをできるように想定する。初めは医師による目視からはじめ、画像解析での自動診断も段階的に進めていく。ヘルスケアでも歯科診療はまだまだプレーヤーは少ないとビジネス領域を狙う。

Tokyo IoT Monozukuri College 2017

 自宅での個人利用もあるが、実際には企業の健康保険や学校での一括検診への導入が現実的なビジネスとして考えている。

 最優秀チームに選ばれたダントは副賞として2017年8月28日開催の“IoT&H/W BIZ DAY 4 by ASCII STARTUP”のStartup Hub Tokyoブースに、プロダクトを展示する。

猫を愛するメンバーによる健康管理ロガー

「猫の健康管理はたいへん」と乗るだけで体重、体温などを測定できる愛猫ヘルスロガーを制作したチームNEKO。体調不良を隠すことが多く、多頭飼いも多いという愛猫家のためのハードウェアガジェット。

Tokyo IoT Monozukuri College 2017

 猫の健康状態はウェブサイトからダッシュボードで確認できる。体温などのセンサーデータだけでなく、どのくらい水を飲んだかなども測定して、ふだんと数値のギャップがあると飼い主のスマホに通知をしてくれる。ネコは腎臓病になると水をたくさん飲む傾向があるからという。

Tokyo IoT Monozukuri College 2017

 チームNEKOはIoT&H/W BIZ DAY 4にMakers Boot Campブースに参加してプロダクトを展示する。

イベント会場の椅子を自動配置するロボット

 そして、もう1チーム。同プログラムでビジネスメンターをつとめたモノづくり起業 推進協議会の会長でMakers Boot Campの牧野成将代表の強い推薦で、アベンジャーズチームがIoT&H/W BIZ DAY 4の出展企業に選ばれた。プロダクトのコンセプトは椅子×ロボット。何もない空間から大量に椅子を並べる必要のあるイベント会場。現状、手作業で配置・撤去している椅子を、ロボットによって並べてしまおうというアイデアプロダクトだ。

Tokyo IoT Monozukuri College 2017

 プロダクトの操作はラジコンによって行ない、椅子の足を押して配置させるようになっている。自動化も含めて段階的に実装していく予定だ。イベント会社への導入を狙い、ライブ会場、結婚式場、会議室などでの利用を想定している。

 ただデモデイではプロダクトは動かず、プレゼンは失敗に終わった。アイデア、ビジネスモデルと今後の期待を込めての選出となったものの、28日のイベントまでに動く実機を完成させるという条件付きでの選出だ……。果たして会場で椅子を動かすプロダクトが見られるかは楽しみにしていてほしい。軌道に乗った暁にはIoT&H/W BIZ DAYのイベント準備にも活用したい。

■関連サイト
Startup Hub Tokyo
モノづくり起業 推進協議会

東京都の起業家支援拠点“Startup Hub Tokyo”もブース出展!
IoT/ハードウェアのスタートアップ・キーマンが集う体験展示+カンファレンスイベントの第4回
IoT&H/W BIZ DAY 4 by ASCII STARTUP

 2017年8月28日(月)にベルサール飯田橋ファーストにて、ハードウェアやIoTプロダクト関連のスタートアップ関連事業者から大手企業まで、toB・toCを問わない、ビジネスカンファレンス&ブース展示の交流イベントを行ないます。カンファレンスセッションと無料の展示ブース入場チケットはお申し込み絶賛受付中です!
■■イベントの参加登録はコチラから!イベントレジストPeatix■■

iot43

『IoT&H/W BIZ DAY 4 by ASCII STARTUP』
■日時:2017年8月28日(月)
開場 11時30分 終了予定 18時(予定)
■場所:ベルサール飯田橋ファースト
〒112-0004 東京都文京区後楽2−6−1 住友不動産飯田橋ファーストタワーB1
■入場料:展示ブース(無料)、全カンファレンスフリーパス【数量限定】(3000円)
■募集人数:各セッション100名、入場チケット500名(予定)
■イベント内容:5セッションを実施予定、出展ブース ハードウェア/IoTスタートアップ企業による展示、実機デモ、物販など
■参加方法:カンファレンス / 展示エリア共に事前登録制
■主催:ASCII STARTUP
■協賛・協力:ノキアソリューションズ&ネットワークス、パーソルキャリア、PR TIMES、ドイツメッセ日本代表部、アペルザ、Startup Hub Tokyo、Makers Boot Camp、キリン、イベントレジスト、フォームラン
■出展:ノキアソリューションズ&ネットワークス、パーソルキャリア、PR TIMES、ドイツメッセ日本代表部、Startup Hub Tokyo、Makers Boot Camp、ハタプロ・ロボティクス、SPACER、アメグミ、アルファテクノロジー、エンタップ、カブク、きびだんご、郷商事、コンシェルジュ、電玉、ドリコス、ピクスー、フューチャースタンダード、モビラス、リコノミカル、glafit、MAMORIO、OTON GLASS、Xenoma
※プログラム内容は予定です。都合により変更となる場合があります。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking