2017年08月12日19時50分

Core Xに完全勝利!?「Ryzen Threadripper」で究極のマルチスレッド性能を堪能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

検証環境はCore Xシリーズ検証時になるべく近づけた

 検証に入る前に検証環境を紹介しよう。今回入手した評価キットにはCPUクーラーからメモリー、OS入りのSSDまで入った至れり尽くせりの内容だったが、今回はほとんど活用していない。Core Xシリーズ発売時のベンチマーク結果を流用しやすいよう、パーツは極力共通化してある。

 Ryzen Threadripperに対決させるCPUはインテル製の現時点での最速モデルであるCore i9-7900Xを準備、さらにRyzen 7 1800Xと、ベースラインとしてCore i7-7700Kのデータを引用する。

 そしてRyzen Threadripperの持つモードの違いをみるために、以下の3通りのパターンでも計測している。“-Distributed”は全CPUコアを使用するデフォルト(Creatorモード)の状態、“-Local”は全CPUコアを使用するがメモリーのみLocalモードの状態、そして“-Gaming”はCPUコア数半減とLocalモードを併用するGameモード時の結果となる。

【検証環境:Ryzen Threadripper】
CPURyzen Threadripper 1950X(3.4GHz、最大4.2GHz)、Ryzen Threadripper 1920X(3.5GHz、最大4.2GHz)
マザーボードASUS ROG ZENITH EXTREME(AMD X399)
メモリーCorsair CMU16GX4M2A2666C16R(DDR4-2666 8GB×4)
グラフィックスGeForce GTX 1080 Founders Edition
ストレージCrucial CT1050MX300SSD3/JP(M.2 SATA SSD、1050GB)
電源ユニットSilverstone ST85F-PT(850W、80PLUS Platinum)
CPUクーラーCRYORIG A40(簡易水冷、240mmラジエーター)
OSWindows 10 Pro 64bit版(Creators Uptade)
【検証環境:Ryzen 7】
CPURyzen 7 1800X(3.6GHz、最大4GHz)
マザーボードASUS CROSSHAIR VI HERO(AMD X370)

【検証環境:Intel CPU】
CPUCore i9-7900X(3.3GHz、最大4.3GHz)Core i7-7700K(4.2GHz、最大4.5GHz)
マザーボードASUS ROG STRIX X299-E GAMING(Intel X299)ASRock Z270 Gaming K6(Intel Z270)
記載のないパーツは共通

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!