2017年08月07日09時00分

Windows 10「バージョン 1511」のサポートが10月10日で終了

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
win10_300
Windows 10のアップデートごとにサポート期間が異なる。バージョン 1511は2017年10月にサポートが終了する

監視報告
Windows 10 バージョン 1511のサポートが10月10日で終了する

 マイクロソフトは、Windows 10 バージョン 1511、つまりNovember updateのサポートが2017年10月10日で終了すると発表した。それ以降は、セキュリティアップデートなどが提供されなくなる。November updateは2015年11月にリリースされたが、その翌年に「Windows 10 Anniversary Update」、今年春には「Windows 10 Creators Update」がリリースされている。マイクロソフトによると、Windows 10はサービスとして提供されているため、定期的なアップデートが必要になるためという。ちなみに、初期のWindows 10(バージョン1507)は5月9日にサポートが終了している。

win10_300
Windows 10は今後、年に2回の機能アップデートが予定されている

 現在、November updateを使っている人は、期限までに「Windows 10 Anniversary Update」もしくは「Windows 10 Creators Update」にアップデートしておこう。「Windows 10 Creators Update」は利用しているデバイスによって段階的に配信されていたが、7月27日に全ユーザーへリリースされるようになった。




 また、従来「Current Branch(CB)」や「Current Branch for Business(CBB)」と呼ばれていたビジネス向けWindows 10のリリースを「Semi-Annual Channel.」という名称に変更した。さらに、「Long Term Servicing Branch(LTSB)」と呼ばれていたリリースも「Long-Term Servicing Channel. 」となる。

これでズバッと解決!

 November updateを使っている人は、10月10日までに「Windows 10 Anniversary Update」もしくは「Windows 10 Creators Update」にアップデートしておこう。


 Windows 10探偵団は毎週、月・水・日に更新します。お楽しみに!


関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking