2017年08月05日17時00分

Galaxy Note FEでQWERTYキーボードは使える? 純正アクセサリーは3度目のチャレンジ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
Galaxy Note Fan Edition アクセサリー

 Galaxy Note 7の生まれ変わりであるGalaxy Note FE(Fan Edition)。当然、Note 7のアクセサリーもそのまま使えるはずですよね。筆者はNote 7を使っていたので、過去に純正アクセサリーもいくつか買っていました。

 それが再び使えるということで、早速動作状況を確認してみました。なお、Note FE本体は海外の端末通販ショップなどで取り扱っているところがあるようです。

日本語でもQWERTYキーが使いたい!
純正キーボードカバーは使えるか?

 まずは「これがあるからサムスンは神」とも言える、QWERTYキーボードカバー。ほかのどのメーカーもこんなアクセサリーは出してくれません。

 しかし、過去に歴代のGalaxyの各機種用のQWERTYキーボードカバーを何度も試していますが、日本語入力には非対応でした。しかし、最新のファームウェアを搭載しているGalaxy Note FEだけに、もしかして日本語が使えるようになっているかも!

Galaxy Note Fan Edition アクセサリー
Note 7用のキーボードカバー。当然Note FEにも装着できる

 ということで、キーボードカバーを装着してみましたが、キーボードそのものを認識してくれません。筆者のNote FEは韓国のSKテレコム版。キーボードカバーも韓国で購入したものです。NFCをオンにすれば認識するはずなのですが、キーボードを装着しても画面表示も一切変わりません。

 Note 7やほかの機種であれば、キーボードに隠れた部分の画面表示が隠れないようにアイコンが上がって表示されるのですが、Note FEはキーボードそのものを認識してくれないようです。日本語入力以前に、キーボードそのものが使えないだなんて残念無念。

Galaxy Note Fan Edition アクセサリー
Note FEにNote 7用のキーボードカバーを装着
Galaxy Note Fan Edition アクセサリー
ディスプレー表示は何も変わらず。認識していない

 なお、過去モデルではことごとく日本語入力ができず、筆者は涙を流し続けてきました。次のNote 8用にキーボードカバーは発売されるのか? 日本語は利用できるのか? 筆者は今それが一番気になっています。

レンズカバーと文具メーカーコラボのスタイラスペンもテスト

 まあ、気を取り直して、次はレンズカバー。これはただの望遠と広角レンズですから特に問題なく使えますね。Galaxy S8とS8+にはこのレンズカバーは登場しておらず、またGalaxy Note 8はツインカメラとのウワサもあります。ということは、Note 7用のこの製品が最後のレンズカバーとなってしまうのかも。

Galaxy Note Fan Edition アクセサリー
Note FEにレンズカバーを装着

 付属のレンズは持ち運びしやすいケースに入っているうえに、元々デジカメもやっていたサムスン純正レンズだけに、歪みの少ないいい絵が撮れます。

 筆者は展示会取材時には望遠レンズを使ってスライドを撮影していました(Galaxy S7 edgeやGalaxy Note 7で)。現在、Note 7用のレンズカバーは入手困難となっていますが、Galaxy S7 edge用は韓国や台湾などでまだ探せば見つかります。

 S7 edgeをまだ使っている人は入手しておけば、後継機に買い替えた後でも、S7 edgeをカメラ専用機として使えるかも。見つけたら買っておきたいアクセサリーです。

Galaxy Note Fan Edition アクセサリー
望遠レンズ(左)、レンズ無し(中)、広角レンズ(右)の作例

 さて、サムスンは今年2月のMWC 2017で「Galaxy Tab S3」を発表した際に、文具メーカーのステッドラーとコラボレーションしたスタイラスペン「STAEDTLER Noris digital for Samsung(ステッドラー・ノリス・デジタル・フォー・サムスン)」を発表しました。

 ワコムの技術を採用したGalaxy Tabの対応端末やNoteシリーズで使えるペンですが、Note 7が発売中止になってしまったこともあってか、その後に話題になることはあまりありませんでした。

Galaxy Note Fan Edition アクセサリー
ステッドラーの鉛筆と同じデザインのSペン

 しかし、Note FEが発売になり、またまもなくNote 8も出てくることもあってか、韓国など一部の国でこのステッドラーのSペンが発売になっています。

 価格は韓国で5万ウォン、約5000円です。鉛筆の書き心地を求める人にはよさげな製品。Apple Pencilとは違い、本体は六角柱のためにぎり具合も鉛筆そのものです。

Galaxy Note Fan Edition アクセサリー
ソウルのサムスンストア、Samsung d’lightでも販売中。カラバリは2色

 Note FEにはさまざまな機能が統合された手書きアプリ「S Note」がプリインストールされており、絵を描くときには細かいペンの設定も可能です。

 スケッチなどをするときはS Noteにステッドラーのペンの組み合わせは最強かも。ただし、Note FE本体からSペンを抜かないと反応しません。このあたりは画面のタッチで別のSペンの利用が出来るようにしてほしいところ。

Galaxy Note Fan Edition アクセサリー
S Noteではペン先を細かく設定できる

 なお、今回はテストできていないのですが、Gear VRの新型もNote FEには対応していない模様。第一線の最新モデルではなく、一部の国向けのNote 8の下位モデルという位置づけにしているからなのでしょうか。

 まあ、バリバリ使いたい人は素直に8月に発表予定のNote 8を購入すればいいでしょう。ということで、Note FEにアクセサリーを付けて使いつつ、8月下旬に発表されるNote 8を待ちわびている筆者なのです。

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰〜山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰〜山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking