2017年07月23日10時00分

池澤あやかの自由研究:ハワイでドローン飛ばしてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
DJI Spark

 こんにちは、池澤あやかです。突然ですが、ドローンを買いました。

DJI Spark

 すこし思い出話をさせていただくと、私がはじめてドローンに触れたのは、2013年ごろ。ドローンの認知が広がるようになったきっかけにもなった初代『AR.Drone』を飛ばしてよく遊んでいました。その頃のドローンはよく風に流されていたので(池に落ちてドライヤーで乾かした思い出が……)、「ドローン=不安定」という印象を持っていました。

 しかし、久しぶりに触れてみた最近のドローンの安定っぷりたるや! 小型ドローン『DJI Spark』なんて、Kindleくらいの大きさしかないのに、強風に吹かれてもびくともしなくて心底驚きました。

 感動のあまり、勢いあまって買ってしまいました。お酒が入っていたこともあり、休暇でハワイに行く予定があったこともあり……だって、ハワイの綺麗な海、空撮したくない?

DJI Spark

日本での規制と比べてどうなの?

 ドローンといえば規制がつきもの。各国でそれぞれの規制がある。

 国土交通省によると、日本では200g以上のドローンについて、「空港等の周辺の上空の空域」「150m以上の高さの空域」「人口集中地区の上空」に該当しない空域で飛ばすよう義務づけられており、該当地区で飛ばす場合は、地方航空局長の許可を受ける必要があります。許可された地域で飛ばす際も、「夜間飛行」や「目視外飛行」、「第三者や物件から30m未満の飛行」、「イベント上空飛行」、「危険物輸送」、「物件投下」などの行為が禁止と、かなり厳密な規制が課せられています。

DJI Spark
国土交通省が定める、無人航空機の飛行の許可が必要となる空域について。
DJI Spark
国土交通省が定める、承認が必要となる飛行の方法。

 では、ハワイがあるアメリカではどうなっているのでしょうか?

 アメリカは自由の国というイメージがありますが、もちろんそれなりに規制があります。0.55ポンド(約250g)以上のドローンは、飛ばす前に連邦航空局(FAA)に申請する必要があります。DJI Sparkも300gと+50gオーバーのため、申請が必要です。

 申請後も「パイロットが16歳以下」、「空港から5マイル以内」、「夜間飛行」、「目視外飛行」、「400フィート(約120m)以上の飛行」、「100mph(約時速160キロ)での飛行」、「人や車の上の飛行」、「教育やレクリエーション目的以外での飛行」などは禁止となっています。

DJI Spark
各種規制についての詳細は、FAAの公式ウェブサイトから確認できます。

いざ、申請!

 55ポンド(25kg)以下の小型ドローンであれば、FAAの設置している申請用のWebサイトから「Model Aircraft」として申請し、5ドルを払えばカンタンに使えるようになるとのことで、いざ申請してみましょう。

 まずは基本事項。「FIRST NAME(名前)」、「MIDDLE(ミドルネーム)」、「LAST NAME(名字)」、「SUFFIX(称号)」、「PHONE(電話番号)」、「ALT EMAIL(万が一の際の予備のEメールアドレス)」を入力。ミドルネームや称号はもちろんない場合は未記入で大丈夫です。

 次の「Physical Address(現住所)」、「Mailing Address(手紙が届いても良い住所)」の項目には、現在自分が住んでいる住所(私の場合日本での住所)を入力します。それぞれ「COUNTRY(国)」、「ADDRESS(市の後に続く詳しい住所)」、「CITY(市、日本だと市区町村)」、「STATE / PROVINCE / RESION(州、 日本だと都道府県)」、「ZIP(郵便番号)」の項目を埋めましょう。

DJI Spark

 あとは、安全に飛行するための基本事項確認があり、最後に、5ドルを払えばおしまい。実際に飛ばす際には、申請した際に発行された番号をドローンに貼る必要があります。

DJI Spark

 この申請は3年間有効で、3年を過ぎたら再登録する必要があります。

ドキドキの初フライト!

 飛ばして良い地域かどうかは、FAAがリリースしている公式アプリ『B4U FLY』から確認します。飛ばしてはダメなエリアを地図で確認することができます。

DJI Spark
私の場合、本当はオアフ島の上の部分にも規制エリアはあったのですが、このようにGPS周辺の規制区域しか出すことができませんでした(正しく使えていないからかもしれないのですが。ちゃんと問題なく使える方がいらっしゃれば、ぜひ教えていただきたい)。
DJI Spark
GPSから今いる地域が規制に該当するところなのかも確認できます。

 さあ、このエリアで飛ばせることを確認したら、いざフライト。私は東京在住のため、そのほとんどがドローンの飛行が制限された区域。そのため、予行練習なしのまま、初フライトはハワイとなります。

DJI Spark
ハッピーなサングラスをかけていますが、ドローンでとった私の写真です。

 ちゃんと運転できるか不安でいっぱいでしたが、こんな絵をとることができましたよ。

DJI Spark
ダイヤモンドヘッドでの撮影。

 また機会があれば、日本や海外でのフライトにも挑戦してみたいです。

 以上、池澤でした。

■Amazon.co.jpで購入

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!