2017年07月12日18時00分

フルサイズ一眼頂上対決! 「α9」 vs「EOS 1D X MkII」vs「Nikon D5」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。有料の会員サービスですが、現在3日間無料キャンペーンを実施中です! 詳細は記事末尾をご確認ください。

 本日は、ASCII倶楽部で6月30日に公開した「フルサイズ一眼頂上対決! 『α9』 vs『EOS 1D X MkII』vs『Nikon D5』」を紹介します。


フルサイズデジカメ

 現在プロの報道やスポーツ現場で使われているデジカメは、キヤノンの「EOS-1D X Mark II」と、ニコンの「D5」の2機種がほとんどだ。

 両社ともに長年に渡ってプロ用のフラッグシップモデルを作ってきたメーカーだけに、スポーツシーンなどでも使いやすく、システム(周辺機器やサポート)も含めて過酷なシーンでの利用において安心感の得られるデジカメになっている。

 どちらも35mmフルサイズセンサーを搭載し、光学ファインダーを用いたデジタル一眼レフで、最新技術を惜しみなく投入した両メーカーの代表的な製品だ。

 そんな中で5月26日にソニーから発売されたのが、フルサイズミラーレス一眼の最上位モデル「α9」。

 秒間20コマ(電子シャッター時)のAF/AE追従連写や顔認識、高精度なAFは、誰にでもα9を持った瞬間に報道/スポーツのプロカメラマンと同等の写真を撮れる可能性をもたらしてくれる。撮影技術をカバーしてくれるデジカメだ。

 今回はこの気になる3機種をさまざまな観点で比較してみた。

α9はやっぱり小さい! 外観を比較してみた

フルサイズデジカメ
左からα9、EOS-1D X Mark II、D5
フルサイズデジカメ
α9はあまりに小さいので縦位置用グリップを装着してみた。それでもほかの2機種と比べてまだまだ小さい
フルサイズデジカメ
正面並び
フルサイズデジカメ
背面並び
フルサイズデジカメ
横並び

 まずは3機種まとめて外観をチェックしてみよう。サイズはα9が幅126.9×奥行き63×高さ約95.6mm、EOS-1D X Mark IIが幅158×奥行き82.6×高さ167.6mm、D5が幅160×奥行き92×高さ158.5mmとなる。

 バッテリーとメディア込みの重量は、α9が約673g、EOS-1D X Mark IIが約1530g、D5が約1405g(XQDカード対応機)だ。

 α9はミラーレス機ということで、他機種より2周り程度小型で、重量的にも取り回しがしやすい。

 サイズが小さくてもインターフェースは十分に備わっている。3機種ともにシャッターボタン周りと背面とで2種のコマンドダイヤルが備わり、AFポイントの位置を指定しやすいジョグスティックが備わっている。

 α9にはモードダイヤル、露出補正ダイヤルと連写切り替えを行なうドライブモードのダイヤルが備わっている。一方、EOS-1D X Mark IIにはダイヤルがなく、D5では連写切り替え用のダイヤルが備わってはいるものの、実際にはダイヤル風のデザインの中に組み込まれている状態だ。

 実際のところ、報道やスポーツの現場ではカメラを複数台首や肩からぶら下げて動き回って撮影する機会が多い。

 その場合、物理的に稼働する部分や突起部は故障の元になったり、意図せず動いたりする可能性があるので、EOS-1D X Mark IIのようにスッキリさせたほうがいいように思える。

 α9ではモードダイヤルもドライブダイヤルもロック機構が備わっているのでぶら下げて持ち歩いているうちに切り替わってしまう心配はないが、突起部分は引っかかってしまう可能性がある。

 逆に言えば、複数台のカメラを首からぶら下げるような使い方をしないなら、ダイヤルがあったほうが便利かもしれない。


 続きは「フルサイズ一眼頂上対決! 『α9』 vs『EOS 1D X MkII』vs『Nikon D5』」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定。いまならASCII倶楽部3日間無料お試しキャンペーンを実施中! 詳細は下記をご覧くださいませ。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が毎日更新されております!

3日間無料トライアルキャンペーン実施中!

 アスキーの会員サービス(月額1080円)「ASCII倶楽部」では、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

 加えて、ASCII倶楽部では会員の方だけが読める連載・特集記事やニコ生のアーカイブ、さらにはイベント(!)も楽しめちゃいます。

 そんな月額サービスのASCII倶楽部はただいま3日間無料トライアルキャンペーンを実施中。トライアルキャンペーンでは、ASCII倶楽部のすべてのコンテンツを利用できるので、期間内であれば週アスも読み放題!

320

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額1000円+税(税込1080円)
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explor 11※Edgeは除く , Google Chrome , Firefox
(Mac)Safari
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!