2017年06月28日16時00分

キヤノン、ネットワークカメラ映像から人物の年齢や性別を推定するソフトなどを発売

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
キヤノン、画像解析技術ソフトウェア
Profile AnalyzerとPeople Counter

 キヤノンは6月28日、独自の映像解析技術を用いてネットワークカメラ映像から人物の年齢などを推定、また人数をカウントするソフトウェアを発表。6月30日より順次発売する。

 「Profile Analyzer Version 1.0」は、映像から顔を検出して特徴に基づき年齢層(8区分)や性別を推定するソフトウエア。年齢層・性別ごとの人数集計(1分あたり30人以下)が可能で、商業施設など不特定多数の人が行き来する場所でのマーケティング分析に活用できる。Profile Analyzerを一定期間のみ利用する場合に、ネットワークカメラ本体・PCなどの機材から、設置、設定、映像解析結果の分析までをワンストップで提供し、マーケティング分析を支援するサービスも用意する。

 「People Counter for Milestone XProtect Version 1.0」は、マイルストーンシステムズのソフトウェア「XProtect」に最大1500人までの人数カウント機能を追加できるソフトウェア。商業施設・公共施設における混雑状況を把握するのに利用できる。

 「People Counter for ACAP Version 1.0」はアクシス製ネットワークカメラに、人数カウント機能を追加できるソフトウェア(推奨検出人数30人以下)。カメラ本体で動作させるため、サーバーなどの機器が不要となる。

 「People Counter Library Version 1.0」は、システムインテグレーター向けにに「People Counter」のAPIを提供するライブラリー。外部システムとの連携により、人数に応じてデジタルサイネージの表示内容を変更するシステム構築が可能となる。

 People Counter Library Version 1.0は7月28日発売で、それ以外は6月30日に発売される。Profile AnalyzerはWindows(7/8/10、Server 2008/2012)で動作、People Counter for ACAP Version 1.0はブラウザ(IE、Chrome)で動作する。価格はいずれもオープンプライス。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking