2017年06月27日15時00分

Lenovo ThinkServerにお手頃価格の中小企業向けモデルが登場

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
レノボ、ThinkServer
「Lenovo ThinkServer TS460」

 レノボ・ジャパンは6月27日、中小規模ビジネスやリモートオフィス、店舗サーバーに適した「Lenovo ThinkServer TS460」、「Lenovo ThinkServer RS160」を発売した。

 両モデルともにインテルXeon E3-1200 V6を含む最新プロセッサーを選択できるほか、ハードウェアのリモート管理機能として「ThinkServer Management Module」を搭載。サーバー画面の遠隔操作や遠隔地からのファームウェア更新などが可能。コストを抑えつつ中小ビジネスのオフィスやチェーン展開する小売店舗へ導入しやすいモデルとなっている。

  TS460はタワー型サーバーのハイエンドモデルで、デスクサイドに置けるサイズながら最大80TBまでのストレージや最大64GBまでのメモリーを搭載可能。2ポートの1Gbイーサネットを標準搭載するほか、最大2ポートの10Gb イーサーネットアダプターオプションに対応。同社直販価格は15万2000円(Xeon E3-1220 v6モデル、OSなし、税別)より。

レノボ、ThinkServer
「Lenovo ThinkServer RS160」

 RS160は1Uラック型サーバーで、奥行き411mmの小型サイズで最大重量7kgと、設置場所を選ばず導入しやすい。メモリー最大64GB、ストレージ最大16TB。ストレージは3.5型/2.5型、SAS/SATA/M.2、HDD/SSDが選択できる柔軟性を持ち、ラックも2-ポストおよび4-ポストのレールラックマウント・オプションを選択できる。同社直販価格は10万8000円(Pentium G4560モデル、OSなし、税別)より。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking