2017年06月26日19時00分

格安ブランドが日本進出!「GRAND X」は格安スマホ市場に割って入れるのか?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ASCII

 日本で格安SIMフリースマホを買おうとしたとき、主要ブランドは中国や台湾系メーカーがほとんどだ。そんな中、アメリカの携帯端末メーカーである「BLU(ブルー)」が、格安SIMフリースマホを引っさげて日本へ進出してきた。手始めに3G対応の「GRAND M」とLTE対応の「GRAND X LTE」の2機種が6月30日に発売されるで、今回はLTE対応モデルを発売前にお借りして実際に使ってみた。

ASCII
↑「GRAND X LTE」の外観と箱。個人的には5インチサイズは片手操作できるギリだと思っている。

 外観から見ていこう。まず気付くのが、格安スマホにはあまり採用されないメタルボディーだということ。フォルム的にはサイドの丸みといい、アンテナ部分のプラスチックの入り方といい、iPhone 6に似ているが厚みは9.4mmと若干厚い。5インチの液晶(1280×720ドット)を搭載し、4.7インチのiPhone 6よりひと回り大きい146(W)×72.3(H)mm、重さは約167.5g。右サイドに電源ボタンとSIMトレー、左サイドに音量ボタンが備わっている。

ASCII
↑アルミボディーはiPhone 6より粗目のザラザラ感。
ASCII
↑左サイド。曲面ガラスを採用して質感を高めている。
ASCII
↑右サイド。画面は2本指タッチまでしか認識できないので、それ以上使うアプリはNGだ。
ASCII
↑カラーバリエーションがあるのはうれしいところ。シルバーのほか、ゴールド、ブラック、ローズゴールドの4色。

 SIMトレーにはSIMを2枚(microSDカードと排他)入れられるが、同時待ち受けはできず、OSで切り替えて利用する。OSは最新のAndroid 7.0を採用。格安スマホながら最新OSが利用できるのがうれしい。

ASCII
↑SIMトレーにnanoSIMを乗せたところ。トレー部分はプラスチック製。
ASCII
↑OSはAndroid 7.0を採用。UIもカスタマイズされていない。

 CPUはMediaTek MT6737(1.25GHzクアッドコア)を採用し、メモリーが1GB、ストレージは8GBを搭載。メモリー量がちょっと心もとないが、ストレージはmicroSDカードで増強すれば問題ないだろう。ベンチマークテストを行なってみたが、「Geekbench 4」でシングルが530スコアー、マルチが1520スコアー。「PCMark」のWork 2.0で2759スコアー、「AnTuTu  Benchmark」で29108スコアーとエントリークラスのレベルである。ちなみに、「ポケモンGO」はジムでの動作が厳しく、ストレスが溜まる。

ASCII
↑Geekbenck 4のスコアー。
ASCII
↑PCMarkのWork 2.0のスコアー。
ASCII
↑AnTuTu Benchmarkのスコアー。

 実際の使用感だが、アプリの起動がちょっともたつくことはあるものの、ウェブ閲覧なら滑らかにスクロールしてくれる。メールやSNSを扱うレベルなら遜色なく利用できるだろう。YouTubeの動画をWi-Fi経由で見てみたが、こちらも良好。メモリーが少なくても通常使いなら、アプリ起動がもたつく程度で済んだ。ただし、念のためタスクは溜めすぎないほうがいいだろう。

ASCII
↑動画は難なくクリアー。通信環境さえ良ければカクつくこともほとんどない。

 Wi-FiはIEEE 802.11 b/g/n(2.4GHz)を搭載。11ac&5GHzに対応していないものの、格安スマホなら仕方がないところか。Wi-FiでSpeedtest.netを使って計測してみたが、明け方の利用者が少ない時間帯で下り約40Mbps、上り約30Mbpsを記録。このくらい出ていれば、動画を見ていてもガタつくことはまずない。

ASCII
↑Spedtest.netでの計測結果。時間帯やサーバーの負荷によって値は変わる。ルーターから5メートルほど離れた仕事部屋で計測。

 LTEは下り最大150Mbps、上り最大50Mbps。対応バンドは1/3/6/8/9/19でドコモのカバー率は高いものの、auやソフトバンクのSIMでも利用できる。

 バッテリーは2400mAhとiPhone 6よりは多く、PCMarkのWork 2.0のバッテリーベンチを行なったところ、約7時間30分という結果に。このベンチマークは常に画面(輝度は20%ほど)を点け、ウェブ閲覧や動画再生、オフィスアプリ操作を模した動作を続けるので、普段使いよりなかなか厳しい条件なのだが、これだけもてば1日充電せずに済むかもしれない。

ASCII
↑バッテリーベンチの結果。通勤時間+α利用するぐらいなら充電せずに十分1日もつ。

 カメラはリアが800万画素、フロントが500万画素でどちら側にもLEDフラッシュを内蔵。自撮りする際もフラッシュが利用できるので、女性にはうれしいかも。

ASCII
↑愛猫を撮影してみたが、画質的にはiPhone 6世代ぐらいか。
ASCII
↑フロントカメラにLEDフラッシュ(画面上のいちばん右端)が付いているのが特徴。

 こうして使ってみたが、格安スマホとしてはなかなかいい感じ。メモリーが1GBでも意外と使えることと、メタルボディーによる質感の高さ、最新OSの搭載、バッテリーのもちなど、ほかの格安スマホに比べても遜色なく、むしろ一段上かもしれない。

価格は1万2800円と1万円切りとはいかないが、3G対応の爆安モデル「GRAND M」(7980円)よりはこちらを選びたい。なお、「GRAND M」についてはこちらの記事を読むとどんな感じかはわかるはずだ。

ASCII
↑爆安の「GRAND M」だが、メモリーが512MB&CPUが非力なので、動作がもたつきがちだった。

 iPhoneのほかにAndroidも持ちたい人や、両親へのブレゼントなんかにも、価格を抑えて購入したい人にはオススメする。なお、専用のスマホケースが同梱されているので、市販品が見つからなくても安心だ。

ASCII
↑同梱の専用ケースはクリアタイプ。これで購入と同時に傷から保護できる。

■関連サイト
BLU「GRAND X LTE」製品ページ
BLU「GRAND M」製品ページ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking