2017年06月26日12時10分

顕在化し始めた増え続けるIoTデバイスのセキュリティ問題

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
TrendMicro
これからの未来、確実に普及すると見られているIoT。現在、そのセキュリティが危機に晒されている

 IoT(Internet of Things)と呼ばれる機器が、次々と登場している。技術の発達や通信コストの低下とともに、あらゆる家電がインターネットにつながり始めている。しかし、様々な形態のIoTデバイスを守るためのセキュリティ意識はまだ広まっていない。今回は、PCやスマホにアンチウイルスソフトを入れるだけでは防ぎきれない、インターネットの脅威について紹介する。

セキュリティの弱いIoTデバイスをゾンビ化して攻撃に利用する

 2016年10月に、アメリカのDNS業者であるDynにDDoS攻撃が仕掛けられた。Dynが提供しているDNSサービスは、URLを入力するとそこに紐付いているIPアドレスにつないでくれるもの。インターネットの根幹を支えている機能と言える。そこが、10万台のデバイスからインターネットを経由して攻撃を受けて通信障害を起こし、「Twitter」や「Airbnb」「Netflix」をはじめ多数のウェブサービスが利用できなくなってしまった。6時間以上も障害は続き、混乱が起きた。
161202_MiraiBotnet_01.zip
Dynの攻撃状況をグラフ化した図(2016年11月30日、Rapid7の発表会資料より)
TrendMicro
後日、Dynのブログで公式レポートが発表された

 もちろん、この攻撃に10万人が参加したわけではない。攻撃を仕掛けたデバイスを調査したところ、ネットに繋がっているカメラやレコーダー、ルーターをはじめとするIoTデバイスからの攻撃だったのだ。

 近年、IoT(Internet of Things)の存在感が増してきている。日本語では「モノのインターネット」と呼ばれ、家の鍵から洗濯機、冷蔵庫、果ては電球まで様々なIoTデバイスが登場している。総務省の発表によると、世界に出回っているIoTデバイスは2015年時点で154億個だったが、2020年には300億個を超えると予測されているのだ。多くはLinuxというOSを搭載しているのだが、ここをターゲットにした攻撃が急増しているのだ。

 PCやスマホであればセキュリティ機能を搭載しているし、サードパーティのセキュリティソフトも発売されている。しかし、IoT向けには汎用的なセキュリティソフトなどは出ていないし、そもそもセキュリティ対策をしようという意識も広がっていない。そのため、インターネットで拡散しているマルウェアに感染しやすい状況となっている。

 冒頭の事例で猛威をふるったマルウェアの名前は「Mirai」。Linuxを搭載したサーバーだけでなく、組み込みデバイスやモバイルデバイスで採用されているARMプロセッサにも感染できるのが特徴。さらに、IoTデバイスに設定されている基本アカウントとパスワードのリストを持っており、セキュリティの甘いIoTデバイスに感染を広げていった。「Mirai」に感染しても、IoTデバイスは通常通りの動作を続ける。少し動きが遅くなる程度の「ゾンビ」と化すのだ。

 そして、一旦命令があると指定されたウェブサイトに攻撃を開始する。それぞれは1〜10Mbps程度の通信量だとしても、10万台なら100〜1000Gbpsという量になる。実際、Dynの事例では、最高1.2Tbpsという過去最大級の攻撃が行われた。

TrendMicro
Miraiの動作概要図(警察庁の資料より)

 「Mirai」のソースコードは公開されており、少し知識があれば誰でもマルウェアを作成できるようになっている。そのため、特定のウェブサービスを攻撃するだけでなく、いろいろと悪用することも可能なのだ。例えば、ビットコインなど仮想通貨のマイニング(採掘)に使われることもある。指定のプログラムを実行し続けると、一定量の仮想通貨がタダで手に入るのだが、通常のPCであれば1日動かしても数円程度と電気代の方が高く付いてしまうのがネック。しかし、改造したMiraiを多数のIoTデバイスに感染させれば、労せずしてビットコインが集まってくるというわけ。実は、このマルウェアは2017年に登場したのだが、すぐに消えた。IoTの処理能力ではほとんど利益が上がらなかったからだ。しかし、機器の性能は向上し続けているので、将来また再登場する可能性は高い。

TrendMicro
MiraiのソースコードはGitHubに公開されている。逮捕されそうになったので、捜査機関に対しての煙幕を張ったのだ

 自分のIoT機器が、この手の犯罪に手を貸すのは避けたいところ。今はまだ、冷蔵庫に感染したからといって個人情報やお金を盗まれるような被害は出ていないが、今後その可能性はある。特にカメラ系のデバイスはプライベートな映像が出回りかねないので、気を配りたいところだ。

 IoTのセキュリティを高めるのであれば、お勧めはアカウントやパスワードの変更。IoTデバイスは初期アカウントとパスワードで使われてしまうことが多く、ここを攻撃されてしまうからだ。もちろん、PCとスマホも従来通りセキュリティ対策は必須。今年に入って、LinuxだけでなくWindowsもターゲットにした「Mirai」が確認されているためだ。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking