2017年06月21日18時00分

最強の要塞を建築せよ!物理演算タワーバトル「Forts」:Steam

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 物理演算という言葉を聞いたことはあるだろうか?今となっては当たり前ともいえる程に世界中のゲームで使用されている。現実世界の物理法則に従って物体の落下や衝突の計算を行ないオブジェクトの破壊や落下をリアリスティックに表現するものだ。時には笑いを巻き起こし、時には理不尽な挙動を起こすことでもお馴染みだ。

 聡明な読者の方々なら察しが付くと思うが、今回紹介する作品はそんな物理エンジンを利用した対戦型タワー建築バトル作品を紹介する。

 

相手の要塞を破壊せよ!

 第53回は「Forts」を紹介する。冒頭でも触れた物理エンジンを軸にした作品である。チュートリアルを兼ねたキャンペーンモードやAIと延々と対戦できるスカーミッシュモード、そしてマルチプレイにも対応している。

「Forts」:Steam
残念ながら日本語はないが、キャンペーンモードのストーリーを追う以外では一般的なPCゲーム単語ばかりなので困ることはないはずだ。起動時に言語設定の後にキーボードの配置を選ぶ必要がある点だけ注意だ(オプションで変更可能)。

 本作品は「対戦型タワー建築バトル」と冒頭で銘打ったが、リアルタイムストラテジー作品でもある。お互いに要塞を建築し、先に相手の拠点にあるリアクターを破壊したほうが勝ちというシンプルな勝敗条件だ。

「Forts」:Steam
真ん中にあるのが“リアクター”、説明にもあるように全ての資源や要塞の動力を担っているが、修理も出来ないのでどんなコストをかけてでも守る必要がある

 さて、物理エンジンをメインにしていると言ったのは、それが本作のキモであり要塞建築において、何よりも重要だからだ。重さが一方にかかればそちらに傾き、バランスが悪くなれば支点から要塞は崩壊してしまう。

「Forts」:Steam
タワーの建築はブロックの端をドラッグすることで延ばしていくのだが、無計画に建造を進めると破綻してしまう。
「Forts」:Steam
「Forts」:Steam
やや分かりづらいが重さが右側にかかりすぎたことでリアクターそばの支点が折れてしまっている。崩壊してリアクターが落下した場合は自滅となる。(左画像の赤くなっている部分が高負荷のポイント。)

 さて、建築するだけが防衛ではない、どうすれば相手の拠点を破壊できるかも説明していこう。攻撃手段は“マシンガン”、“スナイパー”、“高射砲”、“スウォームミサイル”、“キャノン”、“レーザー砲”の6種類だ。後ろに行くほど威力が高くなり、レーザー砲に至っては一撃でほぼ勝負が決まるレベルだ。だが、戦闘開始直後ではマシンガンとスナイパーのみ設置可能で、高射砲以降のユニットはそれぞれ設置に施設が必要となる。

「Forts」:Steam
後述するものも含め、この図に示されているのが建造可能なリストだ。施設やユニットにはアップグレードの概念もあり、メリットもデメリットも存在する。とりあえず序盤は数字の順番に設置していくことを意識すると良い(クリックで拡大)。
「Forts」:Steam

 攻撃方法はユニットを選択した後に射撃角を指定する。近距離であればほぼ指定した角度で射撃できるが、長距離になると弾は下に落ちていく。基本の攻撃方法はほぼ全て一緒で変わらない。唯一の例外がスウォームミサイルで、射撃の際にはスナイパーの誘導が必要で、スナイパーを設置していなければ発射が出来ない。

「Forts」:Steam
「Forts」:Steam
スウォームミサイルはスナイパーの射角内にしか発射出来ないが、高威力のミサイルを複数発発射でき、しっかりとした防御を固めていなければ大ダメージを受けてしまう。ただし、デメリットとしてミサイルは地面にしか設置できないためミサイルの縦レーンには何ひとつ建造出来なくなってしまう。

 ただし、ミサイルと高射砲は射撃で撃ち落とすことができるのだ。そのため、マシンガンを設置して飛んでくるのを見たら撃ち落とすといった感じで防衛することができる。

「Forts」:Steam
自動で応射して撃ち落としてくれるので撃ち落とせるように何体か置いておくだけでも防衛力は跳ね上がる(設定で手動対応に変えることも出来る)。

弾薬一発もタダではない

 本作品では、ユニットの設置や建造には資源が必要となる。資源は二種類と非常に少ないが、採集ユニットは非常に脆弱なうえ、建造できるポイントが限られているため、設置には頭を悩ませることになる。

「Forts」:Steam
上側が鉱石で主に全ての建造に必須だが、地面の限られたポイントからしか採集できない。下側がエネルギーで建造にも必要だが、兵器の発砲にも必要となる。

 鉱石採集ユニットは限られた地面にのみ設置が可能で、エネルギーは高所で風が強い部分に風力発電ユニットを設置することでそれぞれ対応した資源にブーストをかけることができる。何も設置しなくてもリアクターからは供給はされるのだが非常に低い数値しか供給されない。

 そして困ったことにどちらにも採集上限が存在する。上限自体は鉱石であれば鉱石置き場を、エネルギーであればバッテリーを設置することで上限を増やすことができるのだが、バッテリーは破壊された場合誘爆を引き起こすため設置場所を考える必要がある。

「Forts」:Steam
左にあるのが鉱石置き場、真ん中がバッテリー、土嚢はある程度の衝撃を吸収するが過度の期待は出来ない。

基本を覚えたら実践だ

「Forts」:Steam

 本作品はマルチプレイに対応している。CPUとも対戦が可能だが、マルチプレイでは最大8人までの対戦に対応している。どの時間でもオンラインでは人を見かけたのでPingさえ気に留めなければ対戦には困ることはないと思われる(フランスのプレイヤーをどの時間帯でも見かけたのでフランス人ユーザーが多い印象がある)。

「Forts」:Steam
対CPUと対人では司令官を選ぶ必要がある。それぞれ司令官ごとに能力が違うため、自分のスタイルにあった司令官を選ぶと良いだろう。
「Forts」:Steam

 大体一戦が数十分程度で終わるため他のRTSにあるような長時間ゲームでの疲れと言うものはあまりない。そのため、短いサイクルで何度も対戦が出来るというのは非常にうれしい。

「Forts」:Steam
キャンペーンモードはステージクリア型となっており数多くのステージが存在している。いきなりマルチプレイは怖い、という人もいるかもしれないが、シングルプレイだけでも十分に楽しめる出来になっている。
「Forts」:Steam

 タワーディフェンスが好きで対人戦が好き、もしあなたがそんな志向をお持ちならば本作品はズバリお勧めだろう。カジュアルで奥深いRTSを味わっていただきたい。

Fortsの推奨動作環境は?

 最低動作環境のグラフィックの要件がIntel HD Graphics 520以上と、Skylake世代のCoreシリーズ以降が必要だが、CPU内蔵GPUで動く軽さだ。専用GPUを搭載しているゲーミングノートやデスクトップであれば、問題無くプレイできる。

『Forts』
●EarthWork Games
●1480円(2017年4月19日リリース) ※価格は記事掲載時点のものです
対応OS Windows 7以上
ジャンル ストラテジー BaseBuilding アクション 物理 RTS
Copyright EarthWork Games Pty Ltd © 2017

■著者:rate-dat
・Steamのプロフィールページ:Steam コミュニティ :: ratedat
・Twitter:@rate_dat

■関連サイト

Steam×アスキー
Steam入門記事まとめ
Steam×アスキー
ジサトラ×アスキー Facebookページ
Steam×アスキー
ジサトラにご意見募集中!

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking