2017年06月09日12時30分

地元密着こだわりハンバーグ店、何回もリピートしたくなる

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ハンバーグ

 肉料理のなかでもハンバーグは特別。たとえばステーキやグリルはふだんはなかなか食べられない高級料理というイメージがあるけれど、ハンバーグはもっと親しみがあるもの。私のお母ちゃんがつくったハンバーグは焦げができてボロボロに崩れていたけど、特別においしかったな。あの懐かしい味が恋しい。

 そんなことをPC業界の人と話していたらオススメのハンバーグ専門店を教えてもらいました。場所は横浜、仲町台。う、都心部から遠いような。ですがお肉は原動力。ブルーラインに乗って行ってきましたよ。

地元で長年愛されるハンバーグ専門店

ハンバーグ
ハンバーグとステーキの専門店「MMING!(ミーイング)」。仲町台駅をおりて徒歩2分ほど。

 ハンバーグがおいしいと評判の「MMING!(ミーイング)」というお店へ。仲町台の駅前の一角にあるビルの2階でした。路上にせり出ている置き看板が目印。

ハンバーグ
テーブルがゆったりしていて、家族や友人との利用がちょうどよさそう。

 ラウンジは広い窓があって日中入ったところ明るくて清潔な印象。家族連れに喜ばれそうなゆったりしたテーブル席の他、バーカウンターもありました。

ハンバーグ
ダーツも有名。

 肉料理専門店ですが実はダーツでも有名。このようにダーツ設備が充実していて公式のトーナメントも開催されるとのこと。この日もプロのダーツプレイヤーが遊びに訪れていました。

 ダーツをやっている人がかっこいいのか、かっこいい人がダーツをやっているのか、悩んじゃいますがダーツやっている人ってかっこいいですよね。

 おっと。しばらくダーツに見惚れているうちにお腹が減ってツラくなってきました。空腹は地獄、自慢のハンバーグに救ってもらわねば。

特製ハンバーグは肉汁たっぷり

ハンバーグ
「MMING 特製 オリジナルハンバーグ(200g)」(税別1150円)

 「MMING 特製 オリジナルハンバーグ」は150gから1kg(!)までサイズのバリエーションがあります。私は一般的なハンバーグ200g(税別1150円)をお願いしました。

 ハンバーグは注文してから焼き上げ7分程度でサーブしてもらえました。わあ、おいしそう。

ハンバーグ
肉汁が輝いていました!

【MMING 特製 オリジナルハンバーグ】
・国産牛100% 目利きに自信あり
・3種のひき肉をブレンドするこだわりで理想のハンバーグに
・こだわりの絶品デミグラスソースは仕込みに約20時間

 MMING!では国産牛を100%使用。目利きである店主の千葉さんが自ら足を運んで厳選素材を買い付けています。理想の肉汁と食感に仕上げるためにひき肉3種をブレンド。香辛料も20種類以上とふんだんに使用しています。

ハンバーグ
ああ、たまらなくビールが飲みたい。「ザ・プレミアム・モルツ」(税別700円)

 牛肉の部位によって肉質が異なり、ひき方によって食感が変わってくるため、独自の調合でよい塩梅にひき肉をブレンドするのだそう。肉によって個体差もあるので毎日シェフが肉の様子を見ながらこねているのですって。ハンバーグのお肉にそこまで手間をかけているというのはびっくり。

 ハンバーグにかかっているデミグラスソースも自信作で、なんと仕込みに約20時間かけているそう。

ハンバーグ
ハンバーグを前に理性はいらない。

 デミグラスソースと肉汁のいい香り。説明もありがたいのですが、ああ、もう食べたい。

 というわけで、いただきます!

ハンバーグ
ぶあつ!

 ハンバーグはしっかり分厚いのであります。ナイフを入れるとじゅわあと溢れる肉汁がカーニバルのよう。食欲を駆り立てて理性をぶちこわします。

ハンバーグ
うっひゃー。

 あ、うっま。なにこれおいしい。

 デミグラスソースの奥行きある味わいが、分厚くてジューシーなハンバーグに絡みます。驚いたことにふわふわで柔らかいのにひき肉の食感が残っているのです。完全になめらかに混ぜ合わさっているのではなく、わずかにゴロゴロ。

 ひき肉のつぶ感が残っていることで肉汁やうまみがキープされるのでしょう。噛むごとに肉汁ジュワーですよ。なるほど、ひき肉3種をブレンドするというこだわりの成果はこういうところにあらわれています。

 そして、どういうわけか肉汁たっぷりなのにサラサラ食べられる。ハンバーグと自慢のデミグラスソースの相性が抜群だからでしょうか。止まらないです。大変。

最強にご飯がほしくなりました

ハンバーグ
200gをペロリと食べきって少し物足りないなと感じる。魔性です。

 おいしかったー!

 デミグラスソースなので欧風なのだと思っていたのですが、食べてみると優しくてどこか親しみがわく味。幼い時に味わったような。日本人の味覚に合うようにつくっているのでしょうね。ハンバーグを食べていると無性にご飯が食べたくなりました。

ハンバーグ
ご飯はなくてはならない存在。こちらは「中ライス」(税別200円)。

 熱々のハンバーグをソースたっぷりでご飯に乗せてかっこむと至福の極みです。こういうハンバーグなら週に何度も食べたくなります。

 店主にお聞きしたところ目指したのは「本物のハンバーグ」。海外で本場の肉料理も食べる中で、脂が多い国産牛をつかって日本人の味覚に合う本当においしいハンバーグを追求したということ。17年前の1999年のオープン当初からMMING!がこだわっているデミグラスソースは手間がかかっていて他にはないはずなのに「懐かしい味」と評判だそうです。

ハンバーグ
お酒もおいしかったのです。ハンバーグ食べながら2杯飲みました。ごちそうさまでした。満足。

 ブランド和牛を使ったハンバーグなど高級素材のハンバーグは珍しくないですが、ここまで情熱があるハンバーグはなかなかないのではと思いました。手間がかかった幸せハンバーグ。職場の近くだったらいうことなかったです。仲町台に住みたい。

 動画もどうぞご覧あれ!

ここぞとばかりにボリュームたっぷりの食事

 MMINGはハンバーグ以外の料理も絶品。店主はかつてロサンゼルスやメキシコを食べ歩いたそうで、がっつりとした本格的なものが多いです。お腹にたまるし、お酒も進むのでアンチダイエットにぴったり。冗談のようですがこれだけおいしい料理を前にダイエットなんて悪しき文化のように思えてきました。

●佐世保名物レモンステーキがさっぱり美味

ハンバーグ
「佐世保名物レモンステーキ(200g)」(税別2000円)

 ステーキもテンダーロイン、リブロース、サーロインなど本格的に揃えていますが、私が気に入ったのはレモンステーキ。薄切りステーキにカットレモンを添え酸味があるソースをかけています。佐世保の名物なのですけど関東では珍しい。ステーキなのにレモンの風味でさっぱりするので女性でもぺろっといけます。

●お酒にはスパイシーなタンドリーチキン

ハンバーグ
「タンドリーチキン(2本)」(税別700円)
ハンバーグ
焼き鳥のような感覚で食べられて、焼き鳥よりお酒が進みます。ボリューム、カロリーも焼き鳥よりあるだろうけど、正義。

 なんとタンドリーチキンもやっていました。多国籍です。肉厚なチキンをスパイスたっぷりで柔らかく焼き上げており、お酒を飲む人だったら間違いない味。インド料理屋さん以外でタンドリーチキンを食べられる機会は少ないと思うのでオススメです。

●トルティーヤサラダは男女に人気

ハンバーグ
「MMINGオリジナルメキシカントルティーヤサラダ」(税別1100円)
ハンバーグ
アボカドがゴロゴロ乗っています。ドレッシングも手作りというこだわり。

 サラダもボリュームたっぷりで驚きました。トルティーヤとひき肉も乗っているので食事がわりにもできそう。4人くらいで取り分けて満足できるボリュームだと思いましたが、店主に話を聞いたら、好きな人は1人で1皿ペロッと食べちゃうのですって。

●肉屋のカツカレーはうまみたっぷり

ハンバーグ
「カツカレー」(税別1500円)

 デミグラスソースの仕込とおなじスープを使ったカレーです。私はすでにハンバーグを食べてお腹いっぱいの状態でしたが、それでもめちゃくちゃおいしいと感じた逸品です。デミグラスソースと共通するうまみ成分をふんだんに含んでいるのでしょう。カツも分厚い。カレーメインで訪れてもよさそうです。

●おみやげにもできる特製カツサンド

ハンバーグ
「特製カツサンド」(税別1300円)

 カツカレーがありましたがカツサンドもあります。こちらは豪華に三元豚を使用。これでもかというカツの分厚さが特徴で、持ち帰りもできます。たらふく食事をしたあとのお土産にぴったり。

●ランチもやっています

 ハンバーグとステーキの専門店だと思っていたら、料理の種類豊富だし、ダーツもあるし、盛りだくさんなMMING!でした。家族や友人の仲間とワイワイ楽しめそうです。ランチもやっており、ハンバーグ150gが税別800円、300gが税別1200円と、ディナータイムよりオトク。地元の方はランチもよさそうですね。

「ナベコを見た」で1ポンドハンバーグが半額!

 お酒の勢いで店主にお願いしたところ、特別にアスキー読者に割引きクーポンを用意してくれました。なんと、通常税別2200円の1ポンド(450g)ハンバーグを約半額の税別1080円で提供してくれるとのこと。 

 店主の千葉さま、太っ腹です!

ハンバーグ
「ワイルド」と呼ばれている450gのハンバーグ。こちらが超特別価格1080円(税別)に。

■アスキー読者にスペシャルクーポン
オリジナルハンバーグ450g(1ポンド)を
通常価格2200円(税別)→1080円(税別)で提供
※クーポン期間:6月30日まで
※合言葉は「ナベコを見た」

 お店の人に「アスキーを見た」もしくは「ナベコを見た」と伝えてください。1ポンドのハンバーグはものすごいボリュームですが1080円という破格なのでこの機会に挑戦してみては。

 ちなみに、1080円なのは「Gefoce GTX 1080Ti」の“1080”にちなんで。PC好きなアスキー読者にぜひ活用いただきたいです。

ハンバーグ
付け合せが見えませんが、ハンバーグが大きくて完全に付け合わせを覆っています。
ハンバーグ
200gのハンバーグと比べると大きさが尋常じゃないのがわかりますね。
ハンバーグ
でかっ。グループで注文するのもよさそう。

「ミーイング (MMING!)」
・住所:神奈川県横浜市都筑区仲町台1-2-20 フロンティアビル2F
・営業時間:11時-14時/18時-25時
・定休日:毎週月曜日


ミ―イングなので肉好き仲間のミーティングに

 今回の取材では、これだけの料理をひとりで食べられたわけではなく、取材先でたまたまおなじみのメンバーに出会ったので、みんなでわちゃわちゃしながらいただきました。ジサトラのイッペイと、このお店を教えてくれたお肉好きの人との会食に使われていました。

ハンバーグ
アスキーでおなじみジサトライッペイ(中央)とNvidia高橋さん(左)に出会いました。2人ともお肉好き。
ハンバーグ
カンパーイ。

 肉料理を食べると心の距離が近づきます。MMING!なので仲間とのミーティングの場にぴったり。お肉仲間でミートでミ―イング。

ハンバーグ
シャンパンも開けちゃった。

 最後に言い忘れていたこと。MMING!お酒も充実していました。ワインに洋酒にカクテル各種に焼酎、日本酒など。メニューに書いていないお酒がたくさん並んでいました。お酒好きな人が言ってもしっかり飲みつぶれられますよ。以上!

■関連サイト


ナベコ

ツインテール

寅年生まれ、肉食女子。特技は酒癖が悪いことで、のび太君同様どこでも寝られる。30歳になったので写経を体験したい。Facebookやってます!

人気の記事:
酒好き必訪!超コスパの神楽坂「塩梅」の日本酒飲み放題」「串カツ田中が100円均一なので、一番高い串を食べてきた」「アラサーが女子大生にまんまと成りすませるか試してみた」「“噂のダイソー100円ワインを飲んでみた

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking