2017年04月26日19時18分

東芝、圧力と真空の合わせ炊きIHジャー炊飯器

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
東芝炊飯器
「RC-10VXL」

 東芝ホームテクノは4月26日、IHジャー炊飯器の新モデル「RC-10/18VXL」を発表。7月上旬に発売する。

 同社の「鍛造かまど本丸鉄釜」を用いたIHジャー炊飯器。炊飯時に内部の空気を閉じ込めて圧力を高め米の芯まで熱を通す「圧力可変コントロール」に加え、米に水を浸す際に内釜の空気をポンプで抜くことで圧力を下げて短時間で水分を中まで浸透させる「真空αテクノロジー」を搭載。圧力炊きと真空ひたしを活用した玄米炊きコースのほか、減圧することで炊いたご飯が酸化してぱさつきにくく長時間保温が可能な「真空保温」などの機能を備える。

東芝炊飯器
真空αテクノロジーのイメージ

 炊飯容量1Lの「RC-10VXL」と、1.8Lの「RC-18VXL」の2機種が用意される。鍛造かまど本丸鉄釜ではなく鍛造かまど銅釜を用いた「RC-10VSL」と「RC-18VSL」(6月中旬発売)、さらに圧力可変コントロールを省略した真空IH炊きの「RC-10VRL」と「RC-18VRL」(6月上旬発売)も用意される。価格はオープンプライスで、実売予想価格はRC-10VXLが6万5000円前後、RC-10VSLが4万3000円前後、RC-10VRLが3万円前後。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!