2017年05月06日10時00分

マッドITライター厳選「ノートPC対応」一芸バックパック5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
バックパックその1
通勤や通学にバックパック側のPCバッグを使う人も増えてきた。15~17インチ程度のノートPCの持ち運べるバックパックを5点紹介

 通勤や通学にバックパックを使う人も増えてきた。ノートPCに加えてスマホや充電器など、重いものを持ち歩くならばやはりバックパック型。重量を分散できるうえ、ショルダーバッグのように左右不均衡に荷重がかかって腰を痛めることも少ないはず。また、これは旅行の際にも言えることだが、いつでも両手が使えるようにしておくのは重要。災害や事故といった極端なケースを想定しなくても、悪天候の際など、転倒しにくいという利点がある。ここでは、それぞれ特徴的な各社ノートPCバッグを紹介する。

 最近のバックパック型PCバッグの特徴としては、ノートPC専用のポケットが用意されている点がある。バックパックへの荷物の詰め方として「重い物は背中側」は基本だが、専用ポケットならば別の荷物と擦れて傷付く心配もない。ノートPC収納部としては、メイン気室用とは別の気室を用意している場合のほか、メインとは別の開口部を備えている製品もあり、他の荷物をかきわけなくても取り出せる。とくにサイドのファスナーからメイン気室にアクセスできるようにしているものも多く、バッグを地面に下ろすことなく片方のベルトで肩掛けした状態で荷物を取り出せるのはなにかと便利。

 PCバッグといえば収納の豊富さをうたって小物ポケット類を豊富に備える製品が多いが、今回はとくに大きく注目していない。あまり小物を分散しても収納しても、どこに何をしまったのか分かりにくくなるばかりなので、メイン気室+ノートPC収納があれば、あとは独立したポケットが1つ程度あれば十分だろう。各商品の紹介には実際に背負ったところの写真を掲載した(身長178cm、肩幅52cm)。

まるで冷蔵庫のように大きく開くノートPC収納庫

バッグその4
ポケット類が少ないためすっきりとした外観
バッグその4
大容量バッグながら、両側面にはフック式ベルトも装備しており締め込めば厚みはかなり減る

ビクトリノックス 「VX ツーリング 17インチラップトップバックパック」
 ビクトリノックスの新モデルはとくにノートPC収納に注力しているのがポイントで、細かなところに気配りが効いている。背中側にノートPC収納を持つバッグは多いものの、このモデルは背中側がまるで冷蔵庫の扉のように大きく側方に開く。各種ポケットも豊富に用意されており、ノートPCと同時に各種デジタルギアや雑誌書籍など重量のあるものを背中側に配置でき、1カ所開ければ済むというのは大きい。

バッグその4
背負いベルトには重量感を低減させるテンションベルトを装備、腰部パッドはキャリーバッグのハンドルに通すことができる
バッグその4
さすがに17インチが入る大容量だけあって数泊程度の旅行にも使えそうだ

 メイン気室は上側のフラップが大きく開くタイプで、丸めた衣類なども詰め込みやすい。両サイドには大きく開くファスナーがあり、詰め込んだ後での小物へのアクセスは容易。メイン気室の下部側面はポケット状になっており、サイドファスナーを開ければボトルポケット的な使い方もできる。

バッグその4
まるで冷蔵庫のように大きく開き、小物収納部も多数備える
バッグその4
メイン気室の上部フラップも大きく開く

 なお、姉妹モデルに一回り小柄な「15インチラップトップバッグ」(2万7000円)もあり、こちらはノートPCポケットは上側に開く。

バッグその4
VXツーリング 15インチラップトップバッグ
バッグその4
17インチラップトップバッグに比べ、背中側のノートPC収納部は上に開く

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!