2017年04月28日18時00分

GMOグローバルサイン、IoTデバイス向け証明書発行「マネージドPKI for IoT」提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
GMOグローバルサイン
「マネージドPKI for IoT」

 GMOグローバルサインは4月27日、IoTデバイス向けのクライアント証明書の大量発行サービス「マネージドPKI for IoT」の提供を開始した。

 IoTデバイスはさまざまな製品に組み込まれてネット接続するが、サイバー攻撃の手段となる可能性もあるためセキュリティーの向上が必要となる。クライアント証明書の発行や管理を行なうマネージドPKIを用いることで、接続するIoTデバイスが信頼のおけるものかどうかの身元確認が可能となる。

 マネージドPKI for IoTでは、IoTデバイスの製造段階での証明書発行をインストールするもので、 1秒間に3000枚もの大量発行が可能。IoT環境で重要となる迅速かつ大量のID情報処理も可能なため製造業務での利用を見込んでいる。証明書最長有効期間は最長40年(プライベート認証局のみ)、価格は要問い合わせ。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!