2017年01月18日13時10分

Amazonが日本でスタートアップ支援「Amazon Launchpad」提供開始

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
20170118amazon
Amazon Launchpadストア

 Amazon.co.jpは1月18日から、8ヵ国で展開中のスタートアップ支援グローバルプログラム「Amazon Launchpad」の日本での提供を開始すると発表した。合わせて特設ストア「Amazon Launchpadストア」をオープン、ウェアラブルデバイスやスマートホーム、知育玩具など250を超える製品の取り扱いを開始。すでにMAMORIO、BONX、VIE STYLE、KAMARQなど15社以上の日本のスタートアップが参加している。

20170118amazon
Amazon Launchpadストアで販売される製品群

 発表会にはアマゾンジャパン合同会社社長のジャスパー・チャン氏が登壇。「Amazon Launchpadは日本のスタートアップのみなさまにさまざまな可能性を提供できると確信している」「日本でのイノベーション文化を発展させていきたい」とコメントした。

20170118amazon
アマゾンジャパン合同会社社長のジャスパー・チャン氏

 続いて登壇したのは同社ディレクター セラーサービス事業本部長の星健一氏。迅速な販売開始やブランド構築、露出機会の拡大、グローバル進出など、スタートアップ企業がAmazon Launchpadプログラムに参加するメリットを解説。なお、Amazon LaunchpadはAmazonマーケットプレイスの仕組みを利用する。

 星氏は「Amazonはスタートアップの成長を支援する多種多様なソリューションを提供する」「スタートアップ企業のみなさんに未来のビジョンをお見せしたい」と語る。

20170118amazon
アマゾンジャパン合同会社ディレクター セラーサービス事業本部長の星健一氏
20170118amazon
20170118amazon
20170118amazon

 続いて登壇したのはアマゾン ウェブ サービス ジャパン代表取締役社長の長崎忠雄氏。スタートアップは急速に立ち上がり成長する。従来の方法ではコストやスケジュールの面で間に合わない」とコメント。AWSクラウドの利点や数千ドルぶんの無料クーポンや有償技術サポートや研修プログラムを無償提供する支援プログラム「AWS Activate」などの取り組みを解説した。

20170118amazon
アマゾン ウェブ サービス ジャパン代表取締役社長の長崎忠雄氏
20170118amazon
20170118amazon
20170118amazon
20170118amazon
20170118amazon

 発表会にはAmazon Launchpadストアに出店している日本のスタートアップ、MAMORIO代表取締役の増木大己氏、VIE STYLE CEOの今村泰彦氏、KAMARQ Founcer and Chief Exective Officerの和田ナオキ氏が登壇した。

20170118amazon
MAMORIO代表取締役の増木大己氏氏(左)、VIE STYLE CEOの今村泰彦氏、KAMARQ ouncer and Chief Exective Officerの和田ナオキ氏(右)

 最後に一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会会長の仮屋薗聡一氏が登壇。日本のものづくりベンチャーに関して「市場はこの3年で約6倍に、投資金額は3倍に拡大している」と日本におけるスタートアップの現状を解説した。

20170118amazon
一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会会長の仮屋薗聡一氏

 Amazon Launchpadへの参加を希望するスタートアップは、オンラインで参加申請が可能だ。参加条件はオリジナル製品を即時もしくは30日以内に日本のユーザーに発送できること。

20170118amazon
20170118amazon

___

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking