2017年04月26日17時00分

ニコニコ超会議2017で初音ミクと会える! KDDIがTangoを使ったARアプリを公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ミク☆さんぽ

 KDDIとクリプトン・フューチャー・メディアは、4月29日・30日に幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議 2017」にて、初音ミクと一緒に展示をまわれるARコンテンツ「ミク☆さんぽ」の体験コーナーを展開します。

 この取り組みは、本日付けで両社で締結した基本合意書によるもの。両社は、AR(拡張現実)、VR(仮想現実)、MR(複合現実)技術などを活用したコンテンツ事業を1年の間、協力して取り組む予定。すでに、今年2月には、札幌にて開催された「SNOW MIKU 2017」で、今回のミク☆さんぽの実証実験を行なっています。

 ミク☆さんぽは、Googleの空間認識技術「Tango」を活用したもので、3つのカメラで空間を認識できるため、従来のARアプリなどで必要だったマーカー(目印)が不要。さまざまな場所とアングルで高精度なAR体験が可能です。

 ニコニコ超会議2017の「超ボーカロイドエリア」 (国際展示場8ホール) 内「初音ミク超会議ステージ2017」ブースでは、このミク☆さんぽがレノボのファブレット端末「PHAB2 Pro」で試遊可能。ブース内でミクと写真を撮り、その写真を自分のスマホでダウンロードしたり、その場でのプリントアウトも可能です。

 今回、特別にミク☆さんぽを体験させていただいたので、写真で紹介します。札幌で体験していない人は、ニコニコ超会議でぜひ堪能してください。

ミクさんぽ
ミクさんと一緒に移動し、特定の場所に到着するとなんらかのイベントが起きる。これは写真を撮ってと言われているとこと
ミクさんぽ
縦にすると全身が映るのでオススメ
ミクさんぽ
ミクさんぽ
障害物との距離を計測して、このようにドアの向こう側にいるように見せることもできる
ミクさんぽ
1曲披露してくれることもある。ぜひとも縦で持ち全身を眺めてほしい

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!