2017年04月26日14時51分

日常会話できるロボット「Tapia」ヤフーのIoTプラットフォームと連携!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ty

 MJIは4月26日、家庭用コミュニケーションロボット「Tapia(タピア)」において、ヤフーのIoTプラットフォーム「myThings」と連携すると発表した。

ty
ty
コミュニケーションイメージ

 Tapiaは、カメラ、スピーカー、マイク、タッチパネルモニターを内蔵。音声認識、音声合成、顔認識機能のほか、クラウド上の応答システムで日常会話を楽しめる。日常会話には、感情表現と好感度システムを搭載。会話のペースや、内容によってTapiaの応答が変化するという。

 myThingsは、さまざまなウェブサービス・IoTプロダクトを繋げるプラットフォーム。「myThings Developers」は、同プラットフォームを活用し、事業者や個人開発者が独自のサービスを生み出せるツールだ。2016年9月よりβ版としてリリース。4月25日から正式版を提供開始している。

 Tapiaは今後、正式版myThings Developersを活用し、myThings内の「LOHACO」チャンネルと連携。新しいショッピング体験の提供や、天気や防災情報を伝える機能搭載を予定している。パートナーロボットとして機能の拡充を進めていくという。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!